40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

【ドイツ大好き人間が選ぶ】ベルリンのおすすめスポットはここ

魅惑の海外旅行

このブログでは、いろんな観光スポット情報をけっこう細かくお話しているので

ドイツ旅行気分を味わえていただけたら幸いです。

ドイツ観光といえば、いろんなランドマークを思い浮かべる方が多いと思いますが、

実は、ドイツの観光はランドマークに限らず、ちょっとしたテーマパークや、

ドイツならではのお店など、とってもたくさんのスポットがあります。

ゴールデンウィークや夏休み、秋の行楽、冬休みなどの長期休みに海外旅行、

ドイツ旅行を計画されている方のお役に立てればと思います。

このブログに立ち寄ってくださった皆様、

ドイツ旅行へ行ったと思って、ゆっくりくつろぎながらお楽しみください。

ドイツ・ベルリンのおすすめスポット

ベルリンには目玉の観光スポットは少ないとは言え、
 
 

一日周るとかなりへとへとになることは間違いありません。
 
 

そこで、今日は、できるだけ絞って紹介したいと思います。
 
 

ジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)

まず、準備運動がてら見ていただきたいのが、ジーゲスゾイレです。
 
 

67メートルの塔の上の金色の女神が美しいのが特徴です。
 
 

特に晴れているときは青空をバックにとても美しく女神が輝いています。
 
 

5月ころだと青空も多くおススメです。
 
 

また、塔の内部は285段の螺旋階段があり、頂上は女神の足元となります。
 
 

そこからは外には出られませんが、ベルリン市内を一望できます。
 
 

入場料は5ユーロで、行き方は「Zoologischergarten」から「100番」のバスに乗り、
 
 

「Grosser Stern」で下車してください。目の前です。
 
 

ブランデンブルク門

こちらもまた、ベルリンのシンボルというべきランドマークです。
 
 

幅65.5m、高さ26m、奥行き11mの門は迫力満点です。
 
 

天気のいい日は観光客であふれかえってますが、朝早くだとこのように誰もいません。
 
 

この写真は5月に朝早い時間に撮りました。
 
 

美しい写真が撮りたい方は朝焼けをバックに撮ることをおススメします。
 
 

ちなみにこの門からずーっとまっすぐ進んでいくと、ジーゲスゾイレが見えます。
 
 

また、このブランデンブルク門のすぐ近くにアメリカ大使館とフランス大使館があります。
 
 

かなり重厚な警備がなされており、常に警察官が目を光らせています。
 
 

別に何も悪いことしていなくても姿勢が良くなってしまいそうなところです。
 
 

ブランデンブルク門への行き方は、ジーゲスゾイレ付近の「Grosser Stern」から「100番」のバスに乗り、
 
 

「Reichstag-Bundestag」で下車してすぐです。
 
 

ドイツ連邦議会議事堂(Bundestag)

ドイツの国会議事堂です。
 
 

重厚な建物で、中も見学することができます。
 
 

しかし、事前予約が必要なので、
 
 

もし希望であればHPから予約することをおススメします。
 
 

ちなみにここはブランデンブルク門のすぐ近くです。
 
 

ユダヤ人犠牲者記念館

幾何学的に作られた不思議な形の記念碑です。
 
 

迷路みたいになっていて、迷子になってしまいそうなエリアです。
 
 

観光で疲れたらここで少し休むこともできます。
 
 

けっこう広い上に独特のブロックがズラーッと並んでいるので、
 
 

すごい不思議な感覚にとらわれると思います。
 
 

ブロックの数は2711個あります。
 
 

入る前に方角をよく確認しておいた方がいいと思います。
 
 

フィルハーモニー

世界三大オーケストラの一つ「ベルリン・フィル」の拠点です。
 
 

毎年8月中旬から下旬ころにシーズンが始まりますので、
 
 

そのときを狙って旅行を組まれるのもいいかもしれませんね。
 
 

日本で鑑賞するのと違って、値段が安いです!!結構いい席でも1万円もしません。
 
 

あと、お役立ち情報ですが、練習風景「ランチコンサート」タダで見ることができます(毎週火曜日)。
 
 

日程の変更もありうるので、詳細についてはホームページで確認してください。
 
 

ベルリン大聖堂

私が最もおすすめしたいものの一つは「ベルリン大聖堂」です。
 
 

写真で見ても迫力はあると思いますが、実物は本当に圧倒される迫力で、とても重厚な感じがします。
 
 

特に内装はとても美しく、とにかく広いです。

けっこう疲れます・・・。
 
 

エレベーターはないので動きやすい靴、
 
 

服装で行かれることをおススメします。
 
 

ちなみにカバンの持ち込みは禁止されていて入口近くのロッカーに預けるように言われます。

カメラはOKなのでカメラは忘れずにきれいな写真を撮ってください。
 
 

入場料は7ユーロです。
 
 

行き方は「100番」のバスに乗り、「Lustgarten」で下車後、目の前です。
 
 

シュプレー川クルーズ

ドイツのランドマーク沿いを航行する船に乗って、船上で観光を楽しむツアーです。
 
 

ベルリン大聖堂付近の船着き場から乗ることができます。
 
 

約1時間のクルーズで13ユーロで乗船できます。
 
 

船によっては船上で食事を楽しむこともできます。
 
 

7月、8月だとデッキの上でビールを飲みながらのんびり観光もできて最高ですよ。
 
 

日本と違って、ドイツの夏は本当に気持ちよくてクーラーがいらないくらいです。
 
 

旧ナショナルギャラリー(Alte Nationalgalerie)

ギリシャの神殿のような建物です。
 
 

建物だけでも圧倒されますが、
 
 

ドイツやフランスの18世紀から20世紀にかけてのたくさんの絵画や彫像が展示されています。
 
 

ここもベルリン大聖堂のすぐ近くです。
 
 

旧博物館

この建物もギリシャの神殿のような外観です。
 
 

入り口付近の彫像2体がとても迫力があります。
 
 

ここもベルリン大聖堂の近辺にあります。
 
 

博物館の島(写真はボーデ博物館)

世界でも珍しい博物館の島です。この島は何と「世界遺産」にも登録されています。
 
 

この島には「ペルガモン博物館」「新博物館」「ボーデ博物館」がありますが、
 
 

もし、一か所だけしか行けないという方には、ペルガモン博物館をおススメします。
 
 

ここも同じく、ベルリン大聖堂の近くにあります。
 
 

ジャンダルメンマルクト

ドイツで最も美しい広場とも言われています。
 
 

ヨーロッパの雰囲気を存分に味わえる広場で、ここでも少し休憩できます。
 
 

冬には大規模なクリスマスマーケットが開かれ、
 
 

観光客で溢れかえります。
 
 

ただ、そのクリスマスマーケットは入場料を払わなくてはいけませんけど・・・。
 
 

それから、この辺りは高級ホテルが多く、
 
 

サッカー・ブンデスリーガの強豪「バイエルン・ミュンヘン」
 
 

の選手が宿泊するホテルもあります。
 
 

私も一度、その試合当日選手のバスを見ました!!
 
 

「このバスに乗るのか!?」

と張っていましたが、
 
 

ただ、これはスタッフ用のバスで、見事に空振りでした・・・。
 
 

テレビ塔

こちらもベルリンの代表的なランドマークとなっています。
 
 

高さは何と「368m!!」と言ってもスカイツリーよりは低いですが、
 
 

ベルリンを一望できます。
 
 

203mのところに展望台があり、そこで食事をすることもできます。
 
 

回転式のレストランなので少し酔うという方も聞いたことがあります・・・。
 
 

こちらもベルリン大聖堂からすぐそばにありますので徒歩圏内です。
 
 

すぐわかります。
 
 

また、この付近のクリスマスマーケットも有名で、けっこう大規模で開催されます。
 
 

ベルリン中央駅(Berlin-Hauptbahnhof)

ベルリン中央駅です。
 
 

観光名所ではありませんが、とてもデザインがよく、
 
 

駅の前の広場も広々としており、景色が最高です。
 
 

シュプレー川クルーズもここから乗ることもでき、
 
 

夏の夕暮れ時はとってもきれいな写真も撮れます。
 
 

駅の中に関してはお店が多く、さらに何でもそろうので非常に便利です。
 
 

特に駅内にあるスーパーマーケットに関しては、
 
 

日曜日も営業しているので、いざというときは助かります。
 
 

(通常ドイツでは日曜日にはスーパーは閉まっています。)
 
 

そして、ここからドイツ版新幹線「ICE(イーツェーエー)」も出ており、
 
 

近郊都市へ行くのも便利です。
 
 

イーストサイドギャラリー

現存するベルリンの壁です。
 
 

世界各国の画家たちがベルリンの壁にそれぞれ壮大な絵を描いています。
 
 

中には日本人が描いたと思われるものもあります。
 
 

写真はあの有名な「兄弟のキス」です。
 
 

おそらくここがイーストサイドギャラリーの中で一番人気のエリアとなっているように思えます。
 
 

行き方はHauptbahnhof(ベルリン中央駅)からSバーンで「Ostbahnhof」で下車です。
 
 

ポツダマ―プラッツ

ベルリンの中心部です。
 
 

ソニーセンター付近はレストランも多く、休憩するのに便利な場所です。
 
 

クリスマスシーズンにはマーケットも出ておりイルミネーションがとってもきれいです。
 
 

特にランドマークっていうわけではないですが、
 
 

観光客の方々がレストラン等で休憩をされているのをよく見ます。
 
 

少し値段は高めですが、とてもきれいなレストランが多いです。
 
 

オリンピア・シュターディオン

ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンの本拠地のグラウンドです。
 
 

ブンデスリーガは毎年8月中旬に開幕し、翌4月ころまでシーズンが続きます。
 
 

ちなみにヘルタ・ベルリンにはかつて、日本の原口選手や細貝選手が所属していましたね。
 
 

本場ドイツのプロサッカーはレベルも高いので、
 
 

もし興味のある方であれば、Hertha Berlinの公式HPでチケットの購入も可能ですし、
 
 

ベルリンの中心部にある「Europa Center(オイローパセンター)」というショッピングセンターの一角にある、
 
 

ヘルタ・ベルリンのファンショップでも可能です。

試合は基本的に土曜日か日曜日ですが、
 
 

変則的に時間や日にちが変わることもあるので、
 
 

公式HPでよく確認しておくことが必要です。
 
 

特にバイエルン・ミュンヘン戦になると、超大盛り上がりです。

これは管理人が偶然シャッターを切った一枚です。
 
 

クリスマスマーケット

ドイツと言えばクリスマスマーケットも観光スポットの一つとして挙げられると思います。
 
 

そこら中でやっていますが、それぞれ出ている店の種類も異なりますし、
 
 

訪問者さんの嗜好も違うと思うので、どこのクリスマスマーケットが一番いいかというのは言えません。
 
 

クリスマスシーズンの始まる11月下旬からクリスマス(場所によっては大晦日まで)まで開催されているので、
 
 

時期を狙って行ってみてはいかがでしょう。
 
 

カイザーヴィルヘルム教会

第2次大戦の空爆で屋根が一部破壊されたまま残されているのが特徴の教会です。
 
 

ここは先ほどのヘルタ・ベルリンのファンショップの近くにあり、
 
 

アクセスは非常にいいところにあります。
 
 

中の青色のステンドグラスが美しいです。
 
 

この近くは繁華街になっているのでショッピングも楽しめます。
 
 

シャルロッテンブルク宮殿

ベルリン市内でも最も美しい宮殿と言われているシャルロッテンブルク宮殿です。
 
 

ベルリンに観光に行かれた際は是非立ち寄っておきたいスポットの一つです。
 
 

しかし、この宮殿、めっちゃ広いです。
 
 

時間がなければ本棟のみでも見ておきたいですね。
 
 

サンスーシ宮殿

ポツダム(厳密にはベルリンではないですが)にあるこのサンスーシ宮殿ですが、
 
 

こちらも是非立ち寄っておきたいスポットの一つです。
 
 

ここはベルリン市内ではなく、ブランデンブルク州ポツダムとなりますが、アクセスは簡単です。
 
 

ベルリン中央駅からSバーン「S7」に乗り、ポツダム中央駅で下車。
 
 

およそ40分です。
 
 

ここもとにかくめっちゃ広いので周りだすと一日かかります。
 
 

ポイントとしては、「サンスーシ宮殿」と「新宮殿」は行っておきたいところだと思います。
 
 

ホフブロイハウス・ベルリン

ここは観光スポットではありませんが、
 
 

ドイツの雰囲気を味わうには絶好のレストランだと思います。
 
 

実を言うと、このホフブロイハウスの本場はミュンヘンで、ベルリンではないのですが、
 
 

本場ドイツのビールとボリューム満点の料理、そして、生演奏、
 
 

そしてドイツの民族衣装を着た店員さんなどなど、
 
 

きっと満足できるレストランだと思います。
 
 

事前予約はHPから可能です。
 
 

言語も英語が選択できます。
 
 

場所はアレクサンダープラッツから歩いて5分のところです。
 
 

一日ぐるっとベルリンを観光されると、かなり歩くと思います。
 
 

ドイツ南部の民族衣装の方々の生演奏を聴きながら、
 
 

一日の疲れをボリューム満点の料理と本場のビールで癒してみてはいかがでしょうか?
 
 

特に夏場であれば最高です。
 
 

ご家族や友達と一生の思い出の一つが作れると思います。
 
 

シーライフ(写真はアクアドーム)

テレビ塔から徒歩3分のところにある水族館です。
 
 

アクアドームと呼ばれる筒状の独特の形をした珍しい水槽をエレベーターで上りながら鑑賞することができます。
 
 

他にも珍しい魚もいますが、時間がある人は行ってみてもいいかなと思います。
 
 

個人的には行かないと必ず後悔するといったところでもないと思います。
 
 

レゴ・ディスカバリーセンター・ベルリン

ポツダマ―プラッツのソニーセンター付近にあるレジャー施設です。
 
 

レゴで作られた大きなキリンが目印です。
 
 

小さな子供たちは大喜びすると思います。
 
 

しかし、大人も侮ってはいけません。
 
 

何とこの中にはベルリン市内をレゴブロックで再現されたコーナーがあり、

かなり精巧に再現されており、クオリティはとても高いです。
 
 

一通りベルリン観光を終えた後にこのレゴのベルリンの街を見ると、
 
 

特別な思いが沸いてくるんじゃないでしょうか。
 
 

そして、そのほかにはレゴで遊ぶコーナー、レゴ教室、屋内遊具、レゴ映画など、
 
 

もしかしたら一日中遊べるかもしれませんが、こちらに関しても、
 
 

もし時間がたくさんあるという方は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
 

カールズ(イチゴのテーマパーク)

ここはイチゴのテーマパークになります。
 
 

イチゴのシーズンの初夏には甘くておいしいイチゴが格安で買えます。
 
 

さらにここの園全体が子供たちの遊び場のようになっていて、
 
 

子供と一緒に行くと喜ぶと思います。
 
 

ベルリン中心部からけっこう離れているので、
 
 

車がないとキツイかもしれませんが、
 
 

ここも時間があれば立ち寄ってみてもいいかなと思います。
 
 

Curry 36(カリーブルストのスタンド)

もはや、観光スポットではないですよね。
 
 

ここはベルリンのソウルフード・カリーブルスト(カレー粉をまぶした焼きソーセージ)のお店です。
 
 

ここのカリーブルストはとってもおいしいので是非食べてみてください。
 
 

「カリーブルスト・ミット・ダルム」というと皮付きが、
 
 

「カリーブルスト・オーネ・ダルム」というと皮なし
 
 

カリーブルストになります。
 
 

両方ともパンがついて2.6ユーロ前後ですので、両方食べ比べてみてはいかがでしょうか。
 
 

どっちかがおススメとかは嗜好がそれぞれ違うのでなかなか言えませんが、
 
 

結論から言うと、両方おいしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました