40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

TOEIC600点の人がリスニングのパート4で2カ月以内に80%取る方法

外国語を楽しもう

こんにちは。

ヒデキチです。

今日もTOEIC600点の人の底上げシリーズとして、

リスニングのパート4で、

「2カ月以内に80%以上取る方法」

について、お話します。

パート4で80%、つまり、

30問中24問正解できるスキルということです。

今、あなたが、600点台ということであれば、

おそらく、パート4での正答率は、

単純計算で、60%、つまり、18問前後だと思うので、

あと、たった6問正解すれば80%に到達するわけです。

簡単ですね。

2カ月以内に、+6問=+30点目指して頑張りましょう!!

全然不可能な数字じゃないですよ。

TOEICのパート4のようなシチュエーションや英語の速さに慣れよう

TOEICのパート4はスピーカーは一人で、
 
 

アナウンスが流れてきてその内容について聞かれます。
 
 

No.70~No.100までの問いで構成され、
 
 

10個のアナウンス、それぞれ3問ずつです。
 
 

話者が限られ、しかも、パターンも絞りやすいので、
 
 

パート3よりも簡単かもしれません。
 
 

勉強方法は基本的にはパート3で紹介した方法で練習します。
 
 

スピーカーが一人しかいないので、
 
 

音読もしやすいですし、状況の把握も簡単です。
 
 

また、パート4は、シチュエーションも予想しやすいし、
 
 

対策も立てやすいので準備をしっかりしておけば、
 
 

高得点も狙えます。
 
 

そのパート4のパターンとしてよく出るのが、
 
 

「電車の出発が遅れる車内アナウンス問題」
 
 

列車の発車予定時刻は○○時ですが、
 
 

エンジントラブルで修理に30分かかるので、
 
 

ご迷惑おかけします。
 
 

後で駅で使えるクーポンあげます。
 
 

的なやつです。
 
 

そして、列車が出発する時刻を問う問題が出たりします。
 
 

そんなに難しくないので、
 
 

音読でしっかり脳に焼き付けておきましょう。
 
 

本番でめっちゃ楽になりますよ。
 
 

それから頻出パターンとして、
 
 

社員の功績を称えるイベントのアナウンス
 
 

です。
 
 

これもよく出ます。
 
 

例えば、
 
 

○○さんは本社へ入社以来、数々の契約を結び、
 
 

本社発展に大きく寄与してくれました。
 
 

○○さんは本社へ30年以上勤務しましたが、
 
 

この度、定年退職することとなりました。
 
 

的なやつです。
 
 

TOEICを昔から受験している人からすれば、
 
 

またまたこのパターンかって思ってしまうほどの問題です。
 
 

まあ、パターンなんて挙げ始めればキリがないけど、
 
 

参考まで、頭に入れておくと便利です。
 
 

さて、ここでの日々の練習として、もう一つ。
 
 

一般的な方法ですが、
 
 

「CNN イングリッシュエキスプレス」

を購読して、一方通行で、かつ、速い英語に慣れる方法をしてみましょう。
 
 

CNNは言うまでもなく、速いです
 
 

生のニュース英語に日ごろから慣れていれば、
 
 

TOEICの音源がスローモーションに思えます。
 
 

なので、
 
 

流れてくる英語のスピードに慣れる
 
 

一方通行の音源に慣れる
 
 

この2つを意識して聞いてみてください。
 
 

最初は、テキストを見ながら聞いてみて、
 
 

慣れてきたら、今度は何も見ずに聞いてみましょう。
 
 

それから、何も見ずに聞こえるようになったら、
 
 

今度はシャドーイングをやってみましょう。
 
 

これを繰り返していると、
 
 

リスニング力は大幅アップしています。
 
 

やっぱり音読は最強

TOEIC600点くらい取れる実力の方であれば、
 
 

ぜひ、
 
 

「シャドーイング」「音読」
 
 

の練習を継続してください。
 
 

これを、仕事が終わって帰宅した後でいいので、
 
 

パート4のスクリプトを、話者になったつもりで、
 
 

声に出して、できるだけオリジナルスピードに近い感じで、
 
 

最低15分間音読してください。

できれば、この問題集↑↑↑
 
 

この問題集は、TOEICの平均スコアが100点以上高い韓国の企業のもので、
 
 

TOEICの本番の試験に近いクオリティです。
 
 

正直、本番より難しいかもしれません。
 
 

さらに、ダウンロード音源を使うと、
 
 

倍速モードで練習もできるので、
 
 

慣れてきたら、そういう練習にも挑戦できます。
 
 

ちょっと横道に逸れたけど、
 
 

この問題集のパート4をまずは普通に解いてください。
 
 

分からなくても大丈夫。
 
 

間違っていても大丈夫。
 
 

一喜一憂しなくて大丈夫。
 
 

この先が大事なんです。
 
 

それは、つまり、
 
 

問題を解いたあとにもう一回テキストを見ながら聞く
 
 

ことが重要だからです。
 
 

間違っていても、正解していても、
 
 

問題を全部、まずは、音源を流しながら、
 
 

テキストを見ながらでいいので、
 
 

音読をしてください。
 
 

必ず。
 
 

必ずです。
 
 

音源を聞きながら一通りできたら、
 
 

次は、音源なしでいいので、
 
 

自分でスラスラ読めるようになるまで、
 
 

音読してください。
 
 

1回や2回じゃ足りません。
 
 

10回、20回、30回・・・
 
 

どんどん音読を繰り返します。
 
 

もちろん、日々の仕事を終えた後であれば、
 
 

当然疲れていることと思うので、
 
 

最低15分、この練習を継続してください。
 
 

これが、10日続けば、ある変化が生まれてきます。
 
 

その変化とは、
 
 

スクリプトを覚えてしまうこと
 
 

です。
 
 

これで素晴らしいことです。
 
 

勝手に口が動いてしまう状態をつくれば、
 
 

音源を聞いた時に、
 
 

普段より格段に聞き取りやすくなっていることに気づきます。
 
 

この音読に関して、まだ、別の効果があるので紹介します。
 
 

それは、
 
 

「パターンを覚えてしまうこと」

「似たような表現が放送されたときに即反応できること」

「スピーキングにも活きてくること」

「スピーキングに活きると、女子社員の視線が変わること(笑)」

(特に4番目を信じて頑張っていたら、見る目が変わって嬉しかったです♡)
 
 

まあ、4番目はおまけみたいなもんですが、
 
 

モチベーションを維持するためにはいい材料ですよ(笑)
 
 

話を元に戻しますが、
 
 

これって、実は、パート3にも活きてくるんですよ。
 
 

つまり、この練習を繰り返すだけで、
 
 

パート3と4だけで80%、
 
 

約56問、280点取ることが全然射程距離です。
 
 

いや、もっと行けるかもしれません。
 
 

さっき、10日で変化が出てくるという話をしましたが、
 
 

僕の場合、この方法で、80%達成しています。
 
 

そのかわり、必ず、毎日15分の訓練は欠かさないでください。
 
 

どんなに疲れていても、たったの15分なので、できると思います。
 
 

モチベーションは何でもいいです。
 
 

「TOEICできるようになって、○○ちゃんの気を惹きたい」
 
 

でも全然いいと思います。
 
 

(意外と、異性を意識するモチベーションは最強だったりします(笑))
 
 

今、TOEIC500点台後半から600点台くらいの方たちなら、
 
 

700点台なんて、あっという間に超えられます。
 
 

とにかく、2カ月この練習を1日も欠かすことなくやってみてください。
 
 

僕の場合、これで格段にリスニング力があがり、
 
 

パターンも身に付き、
 
 

結果的に英語力の底上げになりました!!
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか??
 
 

今日紹介した、
 
 

「CNN イングリッシュエキスプレス」
 
 

「TOEIC L&Rテスト YBM超実戦模試リスニング500」
 
 

この2つがあれば、TOEICのパート4なんて、超楽勝です。
 
 

正しい方法で、継続できていれば、
 
 

これは、今度は速読にもつながるので、
 
 

これらを継続するだけで、
 
 

リーディングパートにも活きます。
 
 

今、600点台の伸び盛りの方たちへ、
 
 

僕なんて、あっという間に抜いてしまって、
 
 

英語でいろんな人を幸せにできる人になっていってください(^^♪
 
 

応援しています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました