40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

TOEICのリスニングが苦手な人が短期間でスピーキングも上手になる方法

外国語を楽しもう

「TOEICのリスニングが苦手・・・」

この気持ちは誰しも抱く想いですけど、

残念ながら、この気持ちだけでは、

リスニングが上達するまでに膨大な時間がかかってしまいます。

おまけに莫大なお金を投資することにもなります。

一番の近道は、

「英語が得意な人を分析すること」

です。

(ここではめちゃくちゃ深く掘り下げるので、最後まで読んでいってください。)

元々人間観察が得意な僕は、

英語が得意な人の特徴をまとめ、

そして、さらに、その英語が得意な人の勉強方法と、

英語のパートを分解してみた結果、

ある方法の継続という結論に至りました。

これを正しく実践すれば、

必ず英語力はアップします。

断言します。

リスニングが得意な人ができていること

まず、英語が得意と言われている人は、間違いなく、
 
 

リスニング力が長けています
 
 

謙遜して、「いや~、そんなことないですよ~」と言う人もいるかもしれませんが、
 
 

英語があまり得意じゃない人にとっては、羨ましく見えるものですよね。
 
 

例えば、TOEICで800点以上取っている人や、
 
 

英検準1級以上取っている人は、
 
 

他の人よりも、リスニング力が高いし、
 
 

また、英会話が上手な人も、
 
 

有名な大学に合格している人たちも
 
 

リスニング力が強いことは言うまでもありません。
 
 

逆に、英語が苦手だと言う人は、
 
 

ほぼ例外なく、「リスニングが苦手」だという人です。
 
 

なので、英語力アップを狙うのであれば、
 
 

断然、リスニング力の向上が不可欠です。
 
 

英語力を上げるための超効率的な勉強方法は??

英語学習の方法でめちゃくちゃ大事なことを今から説明します。
 
 

英語は、
 
 

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング
 
 

の4つのパートから成り立っていますが、
 
 

絶対にやめてほしいのが、
 
 

すべてのパートを同時に勉強しないでください。
 
 

かなり効率が悪い上に、効果が実感しにくいので、
 
 

挫折しやすいです。
 
 

結局、英語学習が続かない多くの人たちに共通することは、
 
 

モチベーションが保てず、継続しないこと
 
 

なんです。
 
 

どこの英会話スクールもこれについて一切触れてないけど、
 
 

これ、超重要です。
 
 

モチベーションを保つことを重視しつつ、
 
 

必要なスキルを伸ばしていく方法がベストなんです。
 
 

なので、一つのパートに集中して、その成長をモチベーションにしつつ、
 
 

その成長を楽しみながら、継続してください。
 
 

そうすると、必ず英語力は伸びます
 
 

例えば、まず、リスニングを3カ月間集中的に練習します。
 
 

次の3カ月でスピーキングを学習します。
 
 

それから、次の3カ月でリーディングを学習します。
 
 

そして、ラストでライティングという流れで、
 
 

1年計画で取り組んでみてください。
 
 

全部同時に1年間学習するより、効率的で、効果的です。
 
 

そこで、「なぜ、リスニングから鍛えるのか??」という理由ですが、
 
 

その理由は、こちら。
 
 

・大学受験でのみ必要な人もやらなければならない。

・TOEICや英検などの試験でも必ず出るし、大きなウェイトを占めている。

・将来的にビジネスで英語を使いたい人も通らなければならない壁である。

 
 

これらの理由から、リスニングはまず一番力を入れて欲しいんです。
 
 

一番効果が実感しにくく、鍛えにくいパートではありますが、
 
 

これは、ある意味、自転車に乗ることと似ています。
 
 

一度、ある程度できるようになれば、なかなか落ちません。
 
 

仮に落ちても、すぐに復活します。
 
 

これから本気で英語を勉強していこうとする人もそうだし、
 
 

今、英語学習でつまづいている人にも言えます。
 
 

絶対に、リスニング力から鍛えてください
 
 

TOEICのリスニングが得意な人の特徴

さあ、どんどん深堀しますよ。
 
 

やみくもに学習するのは効率的とは言えません。
 
 

学習前の分析が大事なんです。
 
 

さて、では、そのリスニングについて、もっと、分解していきます。
 
 

まず、TOEICのリスニングが得意な人の特徴をみていきましょう。
 
 

・帰国子女

・お父さんお母さんが外国人

・お父さんお母さんが英語が上手

 
 

などが、まず挙げられますけど、ここは無視します。
 
 

自分の力だけではどうにもならないので。
 
 

ここからが本番。
 
 

主に「TOEIC」での特徴になりますけど、

1:疑問文の文頭をしっかり聞き分けられている。

2:全文を一字一句を聞こうとしていない。(中にはできる人もいるかも)

3:パッセージ問題の場合、「出だし・中間・結論」の力配分が上手

4:放送中、一文につまづかない

5:試験中に一喜一憂しない

 
 

これらができているので、確実にTOEICスコアアップに結びついています。
 
 

じゃあ、これらの特徴がどうやってできるようになるのかについて解説します。
 
 

まず、
 
 

これは、いわゆる疑問文における「5W1H」に関する問題
 
 

TOEICで言えば、パート2の短い疑問文に対する適切な答えを選ぶ問題ですね。
 
 

この手の問題(TOEICのパート2)は、出だしが肝心で、
 
 

最初にミスったら、ほぼ正解は難しいでしょう。
 
 

最初が「Where」なのに、「When」と聞き間違えるだけで、
 
 

その後の選択肢では、場所に関するものを選んでしまって、不正解となるでしょう。
 
 

リスニングが上手な人は、こういうミスはしません。
 
 

そして、次は
 
 

あくまで、TOEICなどのテストに限った話になりますが、
 
 

リスニングが得意な人は全文を一字一句を完コピできるまで聞こうとしてません
 
 

(同時通訳者や超上級の人で可能な人もいますが)
 
 

初心者や中級者で、これをやろうとしたら挫折します。
 
 

なので、全部聞こうとして、そして、全部翻訳しようとしているのであれば、
 
 

そのやり方は一度見直してみてください。
 
 

よくあるパターンとして、
 
 

最初の出だしは、何とか翻訳できていたけど、
 
 

それが追いつかなくなって、ストーリーも見えなくなって、
 
 

結局、全体の概要が分からず、勘に頼って不正解という流れではないでしょうか(笑)
 
 

これは、何を隠そう、昔の僕です(笑)
 
 

リスニングが得意と言う人は、
 
 

チャンク(塊)で把握していきます。
 
 

例えば、TOEICで言うと、
 
 

最初のスピーカーが、「ミーティングの時間なんだけどさ~、・・・・」
 
 

と延々と話始めて、そこから、次のスピーカーが、
 
 

「何か場所変わったらしいよ。会議室が取れなくて・・・・・」
 
 

みたいな会話があったら、
 
 

「ミーティング時間」「会議室変更」
 
 

という情報だけを頭に残して、次のパッセージに集中するみたいな感じ。
 
 

そして、その後、その会議室が使えなくなった理由が流れてきたら、
 
 

「会議室変更、ダブルブッキング」という情報を残して、次に進む。
 
 

全文を覚えるように聞き取ろうとすると、
 
 

概要を忘れて、設問にも答えられなくなるからです。
 
 

これは、英会話でも同じなんですよ。
 
 

必要な情報をピックアップできるようになってれば、
 
 

会話だって成立するし、リスニング問題だって点が取れます。
 
 

もっと言うと、僕たちの日本語の会話でも同じです。
 
 

自分と話している人と全く同じ文章を言える必要なんてないし、
 
 

ポイントさえ分かっていればそれでいいですよね??
 
 

なので、難しく考える必要はありません。
 
 

次の特徴、について。
 
 

上級者は、パッセージ問題の場合、「出だし・中間・結論」の力配分が上手です。
 
 

TOEIC問題の場合、スピーカーが二人の時、
 
 

一人のスピーカーが何かダラダラと話始めるときないですか??
 
 

このダラダラゾーンのときは、発生した問題の理由や、解決策が言われることが多いので、
 
 

上級者はここでは集中しているはずです。
 
 

さっきの「2」のポイントとも関連がありますけど、
 
 

ここの「3」で最大限集中するために、「2」では省エネにしておくということですね。
 
 

TOEICはとにかく長いから、集中力を最後まで持続させることを考えると、
 
 

力の入れ具合は、戦略的に重要だということです。
 
 

さあ、どんどん行きましょう。
 
 

次は、「4」です。
 
 

上級者は、放送中、一文につまづきません。
 
 

リスニング問題が流れているとき、
 
 

仮に、自分が聞き取れなかった文があったとします。
 
 

十分に聞き取れなかった文については、きれいさっぱり忘れてください。
 
 

「さっき、なんて言ったんだ!?」とか、考えているうちにどんどん置いていかれます。
 
 

そして、解ける問題もできなくなります。
 
 

なので、一文につまづいてもいいので、もしそうなったら、スパッと次に行きましょう!!
 
 

そして、最後に
 
 

「一喜一憂しない」
 
 

問題が解けて嬉しい気持ちが沸いてくることはいいことですが、
 
 

あまり意識しないようにしましょう。
 
 

その気持ちが沸いてきた瞬間に集中力が失われます。
 
 

その一瞬で、一気に流れを失うことも多々あります。
 
 

ちょっと前の僕がそうでした(笑)
 
 

特に長文リスニングの場合、喜びの後に落胆、
 
 

そして、絶望という負のスパイラルに陥りかねません。
 
 

なので、感情を抑えてリスニングに臨んでください。
 
 

上級者はこれができています。
 
 

リスニングが得意になるための勉強方法とは??

じゃあ、そのTOEICのリスニングが得意になるための勉強方法ですが、
 
 

時間がかかってもいいからリーズナブルに継続させたい人には、コレ。
 
 

TOEICテスト YBM超実戦模試リスニング1000問
 
 

です。
 
 

このボリュームと、このクオリティは、ほかにはなく、
 
 

TOEICの本番に一番近いとさえ言われています。
 
 

もし、この本を手に入れたら、
 
 

リスニングパートの音源をかけながら、
 
 

繰り返しシャドーイングをしてください。
 
 

問題のパターンがつかめます。
 
 

まあ、実は、僕のこのブログで、これらのことは説明しているので、
 
 

詳しいことは、次のページを見てください。
 
 

もっと早くリスニング力を向上させたい人はコレ

さて、実は、ここからが本題なんです。
 
 

僕が、超短期間で、リスニング力を向上させると同時に、
 
 

スピーキング力まで劇的にアップさせた方法があります。
 
 

でも、正直、この方法は、ある程度実力が備わってからやらないと挫折しやすい上に、
 
 

お金がかかってしまうので、どうしても短期間でやりたい人にしかおススメしません。
 
 

その方法というのが、
 
 

カランメソッド
 
 

という方法です。
 
 

簡単に説明すると、
 
 

講師が言うフレーズをそのままリピートする学習方法なんですが、

1:テキストを見てはいけない

2:講師に質問してはいけない

3:指摘が多く、挫折しやすい

4:とにかく話すスピードが速い

こういう条件の下で、練習します。
 
 

ちなみに、カランメソッドは、
 
 

通常の4倍のスピードで英語が習得できると言われていて、
 
 

通常、ケンブリッジ英語検定試験(PET)のレベルになるまで
 
 

一般的な学習方法では350時間程度必要とされているところ、
 
 

カランメソッドで同レベルになるまでは80時間程度であって、
 
 

一般的な学習方法の1/4という短い時間で効率よく学習できるそうです。
 
 

正直、僕は、TOEICでも800点を超えてますし、
 
 

仕事柄、いつも外国人と話をしていますし、
 
 

かなりの自信があったのですが、
 
 

「けっこうきつい!!」
 
 

たまに、頭から煙が出てくることもあります(笑)
 
 

なんせ、一字一句を間違いなく聞き取り、
 
 

それを忠実にリピートしないといけないので、
 
 

リスニング力とスピーキング力が鍛えられないわけがありません。
 
 

でも、さっきも言いましたが、
 
 

よほど、英語に興味があったり、どうしても短期間で英語力を伸ばしたいという理由がない限りはおすすめしません。
 
 

ちなみに、僕は今、オンラインの英会話教室で、
 
 

その英語力を維持していますが、
 
 

そのオンライン英会話で、カランメソッドを受講できます。
 
 

そのオンライン英会話は、
 
 

「ネイティブキャンプ」
 
 

です。
 
 

一応、ここにリンクを貼っておくので、
 
 

興味がある方はこちらからどうぞ

PS.ヒデキチ流モチベーションの保ち方

ここからは、あくまで僕個人がやっていたことで、
 
 

みんなに当てはまる話じゃないかもしれないけど、
 
 

僕の場合、
 
 

「女性社員の視線を意識しながら英語を頑張ってました。」
 
 

何か、軽蔑されそうな動機かもしれないけどね(笑)
 
 

でも、いつの時代でも、何歳になっても、
 
 

やはり、異性からの好感度アップというのは、
 
 

嬉しいものです(笑)
 
 

(嫁さんに叱られそうですけど・・)

僕の場合、職場に英語が上手な人があまりいなかったので、
 
 

「絶対に英語ができるようになってやるぞ!!」
 
 

という気持ちを大切にしてました。
 
 

なので、英語の文章を読んだり、英文でメールを送受信したり、
 
 

外国人のお客さんが会社に来たときの対応を女子社員に見られたときに、
 
 

「ヒデキチさん、英語できるんですね。」
 
 

「ヒデキチさん、すご~い!」
 
 

と言ってもらえて、正直嬉しかったです(笑)
 
 

まあ、僕は、既婚者ですが、まだ未婚の若い男性の方にとっては、
 
 

英語ができるというのはチャンスですよ(笑)
 
 

気になる女子社員の気を惹きたい気持ちをモチベーションにするのも全然アリです。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました