40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

広島カープの大瀬良大地の契約更改と年俸予想だよ

広島カープを考える

広島カープ投手陣の要の大瀬良大地投手。

昨年結婚されてますます活躍が期待されますね!!

さてさて、では今シーズンはいったいどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

年俸推移とともにいろんなエピソードも見ていきましょう。

大瀬良大地投手の年俸推移だよ!!

こんにちは。
 
 

カープファンのヒデキチです。
 
 

今日は大瀬良投手についていろいろお話したいと思います。
 
 

カープのエースとして今後の活躍に期待ですね。
 
 

大瀬良大地投手は九州共立大から2013年に広島カープにドラフト1位指名を受け入団。
 
 

2014年から期待通りの活躍をしましたが、2年目、3年目はちょっとつらいシーズンとなりましたね。でも年俸はそこまでのダウンもなく順調に上がっています。
 
 

さて、大瀬良大地投手のプロフィールです。
 
 

大瀬良大地(おおせらだいち)
1991年6月17日生まれ(28歳)

身長187センチ

体重93キロ

長崎県大村市出身

2013年広島カープドラフト1位

契約金1億円 年俸1500万円

 
 

ドラフトの目玉として注目されていましたが、競合の末、広島カープが交渉権を得て晴れて入団となりました。
 
 

大瀬良投手がいなかったらと思うと、ゾッとしますね。
 
 

広島カープの3連覇もなかったかもしれませんね。
 
 

まあ、広島カープの優勝を四半世紀待ち続けた僕にとって、カープの3連覇は残りの人生でもそうそう見られないイベントだったのかもしれないです。
 
 

カープ、そして、大瀬良投手、ありがとう!!
 
 

大瀬良投手の年俸推移
2014年 1500万円→3500万円 10勝8敗 防御率4.05 投球回数151回

2015年 3500万円→4600万円 3勝8敗2セーブ 防御率3.13 投球回数109.1回

2016年 4600万円→4500万円 3勝1敗 防御率3.32 投球回数21.2回

2017年 4500万円→6300万円 10勝2敗 防御率3.65 投球回数145.2回

2018年 6300万円→1億4500万円 15勝7敗 防御率2.62 投球回数182回

2019年 1億4500万円→1億7500万円 11勝9敗 防御率3.53 投球回数173.1回

2020年 1億7500万円→????

 
 

年俸の推移だけみるとかなり順調ですが、やはり2年目、3年目は中継ぎということもあり、なかなか厳しかったですね。
 
 

確かにカープに入団していきなり二けた勝利を上げても、良い時期ばかりじゃありませんよね。
 
 

そして印象深いのが2015年のペナントレース最終戦。
 
 

相手は中日で、勝てば3年連続のクライマックスシリーズへ出場が決まる大一番で、大瀬良投手が中継ぎで登場しその8回に痛恨の3失点。
 
 

結局負け投手となってしまい、チームはクライマックス進出を逃してしまいました。
 
 

そのときのベンチでの大瀬良投手。

また、2016年はチームは25年ぶりのリーグ優勝をしたものの、大瀬良投手はと言うと中継ぎにされ結果が出にくかったのでなかなか優勝の美酒に酔いしれるほどの満足感はなかったのかもしれませんね。
 
 

しかし、慣れない中継ぎ経験があったからこそ、本来の力を取り戻し、これまで3年連続の二けた勝利を上げています。
 
 

なので、2017年と2018年はチームの優勝に大きく貢献したので、年俸の上昇幅がえげつないですね。
 
 

今や誰もが認める広島カープのエースとなりました。
 
 

ただ、今年もやってくれることでしょう!!
 
 

大瀬良投手は優しい!!

大瀬良投手と言えば、相手投手に対しても優しいことで有名ですよね。
 
 

思えば2017年8月16日のことです。阪神の藤浪投手の一球が大瀬良投手に当たり、騒然となった中、大瀬良投手は笑顔で受け答えていました。

2017年8月16日 大瀬良 デッドボール 素晴らしいスポーツマンシップ‼ 広島 カープ ハイライト

このとき大瀬良投手は藤浪投手に対して、
 
 

大丈夫!!
 
 

と言っていたように見えましたね。
 
 

これは当時イップスが疑われていた藤浪投手をかばっているようにも見えましたね。
 
 

プロ野球の世界では、暗黙の了解でピッチャーにはあまりきわどいところを攻めすぎないような話も聞きますが、もし当たったりすればその後の試合に影響があるので、自分のチームだとすれば大変な騒ぎになりますよね。
 
 

しかも、チームの柱のピッチャーであれば、なおさらです。
 
 

ただ、このシーンはいろいろ意見が分かれるところのようですね。
 
 

確かに賞賛される一方で、勝負の世界の人間としては「優しすぎる」という見方もありました。
 
 

広島カープのレジェンドの黒田博樹氏は、
 
 

大地のやったことを肯定も否定もしない。ただ、やるかやられるかという気持ちは必要
 
 

と言ったそうです。
 
 

日米通算で200勝を達成したほどの方が言うのですから説得力があります。
 
 

これから大瀬良投手が活躍し続けるためにはもっと非常にならなければならないという黒田さんのメッセージだったんでしょうね。
 
 

嫁さんはあの浅田真由さん!!

大瀬良大地投手といえば、昨年ご結婚されましたね。
 
 

お相手は「浅田真由さん」です。
 
 

浅田真央さんの姉の「浅田舞さん」じゃないですよ。
 
 

浅田舞さんもカープ女子を公言している方なので、ちょっとややこしいですが・・・。
 
 

浅田真由(あさだまゆ)
1990年3月8日生まれ

広島市出身で、安田女子大学卒

広島のローカルタレント

 
 

で、学生のころから広島カープの試合を観戦したり、広島市民球場でのアルバイトをするなど、筋金入りのカープファンです。
 
 

しかも、仕事もテレビ関係でカープにちなんだお仕事をされていたところ、大瀬良投手との出会いとなったようですね。
 
 

広島カープのファンで、しかも、大瀬良投手のような第一線で活躍する一流のカープ選手と結婚できるなんて、まさに人生が広島カープですね。
 
 

大瀬良投手のFAはどうなる!?

大瀬良投手はこのまま順調に行けばFA権を取得するのは、
 
 

2021年
 
 

一体どこのチームに行くのでしょうか??
 
 

大瀬良投手と言えば、長崎県出身の選手なので普通に考えると、
 
 

「ソフトバンクホークス」
 
 

が考えられるかもしれません。
 
 

ただ、僕の予想は、
 
 

広島カープ残留
 
 

です。
 
 

その理由をお話しますが、
 
 

広島カープにこれまで在籍していた九州出身の一流選手たちはみんな残留しているんです。
 
 

「緒方孝市(佐賀県)」
 
 

「野村謙二郎(大分県)」
 
 

「松山竜平(鹿児島県)」
 
 

九州男児は熱い男が多いですね。
 
 

しかも、奥様が熱烈なカープファンがゆえに残留したのは、緒方前監督の現役時代も同じです。
 
 

緒方前監督は巨人からのラブコールもあったようですが、やはり広島出身で熱烈なカープファンだった奥様の存在もあり広島カープ残留を決心されたのでしょう。
 
 

これは大瀬良投手にもモロに当てはまることだと思うので、僕は大瀬良投手の残留は濃厚だと思います。
 
 

大瀬良投手の契約更改はいったいどうなる??

もし今年プロ野球が無事開幕したとしても、試合数はおそらく削減されるでしょう。
 
 

仮に10勝以上でチームが優勝すれば、
 
 

2億2000万円プラス出来高払いの3年契約
 
 

で契約更改する予想です。
 
 

その理由はやはりFA宣言です。
 
 

順調に進めば大瀬良投手は来年のオフには別のチームへ行く可能性があると思います。
 
 

もしジャイアンツに行かれでもすると、戦力ダウンに加え、ジャイアンツが戦力アップとなるので太刀打ちできなくなる恐れがあるからです。
 
 

特に計算できる先発投手陣が不足しているジャイアンツからすれば欲しい戦力です。
 
 

その前にカープが複数年を提示するものと思います。
 
 

また、一方で、
 
 

「メジャー移籍」
 
 

もあるかもしれません。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました