40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

【40代にはコレ!】ネイティブキャンプの効果的な使い方は?

外国語について考える

最近ネイティブキャンプの若くてきれいな女性の先生の授業が楽しみで仕方がないヒデキチです。(嫁さんの目が怖いけど・・・)

今日はオンライン英会話のネイティブキャンプの効果的な使い方を紹介します。

初心者こそ「フリートーク」を選ぶ

これは僕自身の持論ですが、初心者の人こそフリートークを選びましょう。
 
 

ネイティブキャンプには各種いろんな教材がありますけど、僕はフリートークをおすすめします。
 
 

なぜ教材を選ばないかというと、初心者の人こそ、まず取っ払わなければならないものは、
 
 

「緊張」
 
 

「恥じらい」
 
 

だからです。
 
 

フリートークをする際のポイントを紹介します。
 
 

1:趣味の話から入る

難しい話はなしにして、自分の趣味の話をするといいと思います。
 
 

なぜ、難しい話をする必要がないかと言うと、
 
 

「頻度が低いから。」
 
 

です。
 
 

これからの人生で仮にいろんな外国人と出会い、会話を楽しんでいくとすると、いきなり難しい話なんてそんなにしませんよね??
 
 

大体天気の話か、自分や天気の話、それから面白い趣味の話で盛り上がるんじゃないでしょうか。
 
 

難しいトピックや頻度の低い話は上級者になってからでも遅くありません。
 
 

英会話ができない人が初っ端に陥りやすい傾向として、
 
 

なんでもかんでも話せるようになりたい
 
 

と思っていろんなトピックに手を出すことなんです。
 
 

僕も実は最初、英語が話せる=どんなトピックでも話せるようにならなければならないと思っていましたけど、そうじゃなくてもいいんです。
 
 

まずは、自分が話しやすいトピック、そして、よく使うフレーズを決めてからフリートークに臨むといいでしょう。
 
 

僕の場合だと野球が大好きなので大好きな野球の話ができればと思って、ある程度用意してから望むこともあります。
 
 

野球はアメリカ人やオーストラリア人とも話ができるので、つまり将来的に趣味の話で盛り上がれます。
 
 

こういう練習を普段からしておけば、特に思考回路を使わずして純粋に会話が楽しめるようになってきますよ。
 
 

2:いつも同じ話を違う先生とする

ネイティブキャンプには先生がめちゃくちゃたくさんいます。
 
 

なのでいつも同じ先生でレッスンを受けるのはもったいないです。
 
 

僕はいつも違う先生でレッスンを受けて、毎回同じトピックで練習しています。
 
 

そのおかげで、自分の趣味などの話題は頭で考えずに口が勝手に動いてしゃべりだすくらいになりました。
 
 

これを繰り返して、そのトピックについて話せるようになれば、次は別のトピックでしばらく続けるというサイクルを続ければ、徐々に話せる範囲が広がっていきますよ。
 
 

教材は基本的には使わないほうがいいです。
 
 

教材を使うと、
 
 

話せた気分になるだけ
 
 

です。
 
 

先生が質問して、それを片言の英語で答えるというのであれば、最近の学校教育でも可能ですよね。
 
 

「自分で話せた」っていう実績を積んでいくことが大事なので、とにかく、自分でテンプレートでもなんでもいいので作ってそれを毎回それをちゃんと言えるかどうかをチェックしながらフリートークで話せれば上達は早いですよ。
 
 

僕は最初のころ、
 
 

My name is Hidekichi.
40years old.
I am married, and I have two sons.
Usually I watched TV in my free time, one of my favorite TV programs is pro-baseball games.

 
 

とか、何かこんな感じのことをダラダラと覚えて、それを常にレッスンで話せるようにしていました。
 
 

そのおかげで話せる分野が少しずつ増えてきています。
 
 

3:先生はできるだけ若いフィリピン人女性

これは特に変な意味じゃないけど、若いフィリピン人女性がいい理由は、ずばりテンションです。
 
 

僕が今までレッスンを受けてきて思ったのが、欧米系の女性となると、時間帯によってはテキトーにこっちに質問だけして、「I see」とだけ答える人が意外にも多かったのですが、フィリピン人の女性に関してはそういう先生がほとんどいなかったんです。
 
 

しかもけっこうノリノリの先生が多いので、レッスン自体がとても楽しいですよ。
 
 

そして、フィリピン人の先生は日本に興味を持っている先生が非常に多いです。
 
 

なので、日本に関する質問をしてくる場合も多いので、今後外国人に日本のことを聞かれたときにその答えを適切に答えるという訓練のためにも、フィリピン人女性がいいと言えるでしょう。
 
 

初心者は絶対これをやってほしい!!

ネイティブキャンプはレッスン受け放題とは言え、漫然と授業を受けているだけでは成長は望めませんし、レッスンを受けたことだけに満足して終わってしまう場合も考えられます。
 
 

なので、ここからは僕がこれまで実際に経験したことを踏まえて、40代からでも全然間に合うネイティブキャンプを活用した英会話上達の近道を紹介します。
 
 

せっかく払うお金が無駄にならないためにこれだけはやっておきましょう。
 
 

1:メモを用意しておく

これは何のメモかというと、
 
 

「レッスン中に英語で言うと思ったけど出てこない!!」
 
 

というときのためのメモです。
 
 

なので、レッスン中に言えなかった言葉やフレーズを日本語で書き残しておきましょう。
 
 

ただし、レッスンは25分しかないので、中断はせずに走り書きにしましょう。
 
 

意外とレッスンが終われば、「なにを調べるんだっけ?」、「何というフレーズが言えなかったんだっけ??」ってけっこうなります。
 
 

いや、しょっちゅうなります。
 
 

なので、必ずメモを取っておいて、後で調べて、フレーズ集みたいなメモ帳に書き溜めていきましょうね。
 
 

それが英会話の成長の証となりますよ。
 
 

2:今日一日どんなことがあったかストーリーを作る

ネイティブキャンプでフリートークをする際、ほぼ必ずと言っていいほどイントロトークで聞かれること、それは、
 
 

今日は何してた??
 
 

っていう質問です。
 
 

これはある程度でいいので必ずレッスン前にやっておいてください。
 
 

ここの滑り出しがうまくいけばノッテいけます。
 
 

しかもよく考えると、こういうトークって普通の日常生活でもありますよね??
 
 

この習慣は続けていれば必ず役に立つ日がくるでしょう。
 
 

例えば、今日は朝何時に起きて、午前中は家族と家の掃除をして、それから昼からは子供と公園で遊んで、そして夕方は家族でご飯を食べて、それから・・・みたいな感じでまずは日本語でいいのでストーリーを組み立てておいて、それを英語で言えるかどうか試してみましょう。
 
 

間違ってもいいんです。
 
 

それはネイティブキャンプの先生に訂正してもらえばいいんですから。
 
 

3:これから何をするのか計画を立てておく

さて、「今日何したの?」っていう質問があれば、
 
 

「これからどうすんの??」
 
 

っていう質問が来ますよね??
 
 

なので、今後の予定的なものも英語である程度言えるようになっておきましょう。
 
 

レッスンが終わったら家族で食事に行きます。
 
 

「I will go to a restaurant with my family after the lesson.」
 
 

とか簡単なものでいいので咄嗟に言われて、さっと答えることができることが大きな自信につながるので、この習慣も身に付けておきましょう。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました