40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

【当たると最後】宝くじで人生が一発逆転した人間の悲惨な末路

将来のお金に関する不安

宝くじを買うとき、誰しも夢見る「リタイア」

同僚たちの間でも、「何億あったら会社やめられるかなぁ~」なんて会話しませんか??

今日はそんな宝くじで一発逆転を狙えるのか、確率も含めてお話します!

宝くじは完全に運!!

パチンコや競馬などはまだ自分次第で負けるお金を最小限に食い止めたり、少しは勝つ確率を上げることも可能と言えば可能です。
 
 

いろんなデータやテクニック本を使って、パチンコであればどんな台を選べばいいか、どういう風に玉を飛ばせばいいかなど、何とか自分でできることもあります。
 
 

ただ、宝くじに関しては完全に運なので、自分にできることはほとんどありません。
 
 

まあ言うなれば、宝くじ売り場を選んだり、ロト6であれば数字を選んだりする程度でしょう。
 
 

あとは普段から、お年寄りに席を譲ったり、ゴミを拾ったり、近所を掃除したりするなどの善行に励んだりすれば少しは運がよくなるかもしれませんけどね・・・。
 
 

しかも、スクラッチなどでなければ結果もすぐには出ないので、いよいよ何もできません。
 
 

宝くじで一発逆転を狙うのは難しいでしょう。
 
 

宝くじが当選する確率

そもそも宝くじで一等が当選する確率がどれくらいなのかご存知ですか??
 
 

もちろん低い確率であることは皆さんご存知だと思いますが、ほぼ無理だと思ってください。
 
 

宝くじで支払ったお金は、「寄付した」と思うくらいでいいと思います。
 
 

当てようと思って買うものではありません。
 
 

それはなぜかと言うと、
 
 

当たらないから
 
 

です。
 
 

その確率は、買った枚数や買う宝くじの種類によって違いはあるにせよ、2018年の年末ジャンボを例にとると、1ユニット2000万枚発売され、各ユニットごとに1等7億円の当選券は1枚
 
 

つまり、1等7億円が当たる確率は、2,000万分の1ということになります。
(https://www.takarakuji-official.jp/news/recent/?newsId=181101)
 
 

パーセントにすると、0.000005%・・・・・。
 
 

日本国民の中から、6人が無作為に選ばれるとして、あなたがその6人の中に入る確率です。
 
 

どう考えても無理ですよね・・・。
 
 

プロ野球でホームランボールをキャッチする確率で言うと、広島カープのホームグラウンドのマツダスタジアムだと、ホームランゾーンにある席は、
 
 

外野指定3900席
 
 

カープパフォーマンスシート1100席
 
 

その他のシート約500程度
 
 

約5500人いると考えると、5500分の1の確率で、宝くじが当選する確率よりははるかに高いけど、これでもどれだけ難しいかよくわかりますよね。
 
 

しかもホームランなんてしょっちゅう出るものでもないし、ちなみにカープが昨シーズン、チームで放ったホームラン数は169本
 
 

シーズンが143試合なので、1試合平均1.1本なわけです。
 
 

試合を見るためにスタジアムに足を運び、そこでホームランボールをゲットする確率よりもはるかに低い確率・・・
 
 

当たる気がしません・・・・。
 
 

まあ、あとは売り場のおばちゃんの力を借りることで、もしかしたら運気が少しはアップするかもしれません。
 
 

売り場のおばちゃんやお姉さんのセンスにもよりますけど。
 
 

ちなみに僕の場合、昔、大阪の天王寺の宝くじ売り場で、「一等当たりそうなのください」と売り場のおばちゃんに冗談で言ったら、
 
 

「ちょっと待ってな。え~と・・・、コレ絶対当たるわ!」
 
 

と乗ってくれましたが、見事に当選金額300円でした・・・。(確かに300円は当たりましたが・・・)
 
 

今度は東京で同じように売り場のおばさんに同じことを言ったら、
 
 

「えっ!?何ですか?」
 
 

と言われ、とてもビックリされたので、「すみませんでした・・。」と謝り、東西の文化の違いを感じました・・・。
 
 

そして、これもハズレ。
 
 

まあ、特にがっかりはしませんでしたけど、実際は1万円を当てるのも難しいので、一発逆転なんて夢のまた夢。
 
 

確実に1等を当てようと思えば、1ユニット2000万枚全部まるごと買えば確実に当たりますけど、購入金額は60億円になるので、確実に40億円弱の赤字になりますけどね・・・。
 
 

さらに言うと、なんと驚くべきことに、一等が当たる確率は、飛行機が墜落する確率より低いんだそうです。
 
 

https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h30kou_haku/zenbun/genkyo/h3/h3s1.html
 
 

これだけ低い当選確率の宝くじの1等。
 
 

夢のない話かもしれないですが、当たっても必ずしも幸せになるとも限らないようです。
 
 

宝くじが当たった人の末路

運命のいたずらか、宝くじが高額当選してしまったら、それはそれで別の問題も起きてくるようです。
 
 

1:周囲の人にたかられる

例えば、数億円当たってしまうようなことになれば、まず、人間の心理として誰かに言いたくなってくるそうです。
 
 

やっぱり見栄をはりたい人にとってはそうかもしれませんね。
 
 

良いブランドの服を着たり、高級車に乗ったり、大きな家に住んだり、そして、贅沢三昧の食事をしたりするなど、とにかく他人に優越感を感じたいと思うのが人間の性。
 
 

宝くじに当選すると、自分がお金を持っていることをアピールしたくなって、急に羽振りが良くなったり、余裕さを醸し出したくなることで、周囲がその空気を読み、たかられることが増えてくるそうですね。
 
 

宝くじなんて、自分の実力で得たお金ではないから、所詮あぶく銭。
 
 

それがゆえに、「どうせ自分の実力のお金じゃないんでしょ!!」とか言われて、ホイホイ貸さざるを得なくなり、貸し渋るようになるとその関係にも亀裂が入るそうですね。
 
 

さらに、会ったこともない親戚が押し寄せてくるとかよく聞きますし、結局は自分の手元にもほとんど残らないし、しかも人間関係も悪化するし、あまりいいことはないそうですね。
 
 

結局、当てたお金は誰かにむさぼられ、人間関係もおかしくなっていってしまいます。
 
 

2:破産してしまう

今までいろんなことを我慢して生活していたところに、急に天から降ってきたお金
 
 

しかも一生遊んで暮らせるかもしれない金額。
 
 

これが間違いなく人生を狂わせます
 
 

宝くじで1等を当て、勢いに乗り会社を退職し、その後は金に糸目を付けずに贅沢三昧の日々。
 
 

自分の努力で稼いだお金ではないので、有難さなどあるわけもありません。
 
 

高級レストラン、高級ブランドの洋服、高級車、海外旅行三昧・・・。
 
 

しかも、そんな生活が当たり前になってくるのです。
 
 

一度そんな贅沢な生活を味わってしまうと、もう元の生活に戻ることは難しいでしょう。
 
 

まあ大金が当たればほとんどの人は働かなくなるし、働かなくなれば時間を持て余します。
 
 

そうなると暇つぶしに海外旅行にも行きまくり、お金に糸目を付けずにバンバン使ってしまいます。
 
 

そして、気が付いたら自分の貯金も底を尽き、すでに職を失っていることから普通の生活を営む程度の収入も得られなくなるのです。
 
 

一発逆転は一発逆転だが、逆バージョンの一発逆転の転落人生となってしまうパターンもあるようですね。
 
 

もともとファイナンシャルリテラシーのない人間がこんな大金を当ててしまうと人生が駄目になることなんて目に見えています。
 
 

下手すると自分の子供までダメにする可能性だって十分あり得ます。
 
 

特に20代前半でこんな大金手に入れたら老後に絶対苦労するでしょう。
 
 

元々大きな金額を稼ぐ力のあるお金持ちなら別ですが。
 
 

一発逆転はやっぱり地道に・・・

宝くじそのものはその収益が福祉に充てられるので決して悪いモノではないですが、当たってもろくなことはないし、当たらなかったらもっと建設的なことに投資したほうが良かったって後悔するし、僕の個人的な意見としては、宝くじは買わない方がいいでしょう
 
 

宝くじで一発逆転を狙うことはリスクが大きいし、ほぼ無理と言っていいでしょう。
 
 

一瞬金持ちになって、またまた貧乏に逆戻りする可能性だってあります。
 
 

それなら、自分でもできる一発逆転の方法を実践する方が現実的です。
 
 

「そんな方法あったら苦労せんわ!!」
 
 

と思われる人が大半だと思いますが、実際に僕が一発逆転できた実話をこちらで紹介します。
 
 

40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

↓↓↓

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました