40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

広島カープの鈴木誠也選手の契約更改!年俸推移は!?

広島カープを考える

広島カープの主砲・鈴木誠也選手の年俸の推移を成績とともに見ていきたいと思います。

例の問題で世界中が大変なことになっていますが、鈴木誠也選手は果たして、今シーズンはいくらで契約するのか??

鈴木誠也選手の年俸推移は?

鈴木誠也選手は、2012年ドラフト2位で広島カープに指名され入団しました。
 
 

契約金は6000万円で年俸は600万円からのスタートでした。
 
 

この2012年のドラフトは錚々たるメンバーなので、カープのスカウトはよく鈴木誠也選手の将来性を見抜いていたなって感心する限りです。
 
 

ちなみに他球団はというと、
 
 

巨人「菅野智之投手」

阪神「藤浪晋太郎投手」

日本ハム「大谷翔平選手」

ヤクルト「小川泰弘投手」

 
 

などなど、超一流の選手ばかりです・・・。
 
 

ほとんどの選手が即戦力と言われる中、鈴木選手は決して即戦力ではなかったですが、スカウトの方たちの狙い通り、と言いますか鈴木選手の血のにじむような努力で、そこから数年後にはカープの、いや、球界の4番にまで大きく成長しました。
 
 

それは鈴木選手の年俸の推移を見てみると一目瞭然です。
 
 

そんな鈴木選手の年俸と成績の推移を見ていきましょう。
 
 

これにより、鈴木誠也選手の2020年の契約更改や年俸が予想できるかもしれませんので・・・。
 
 

2020年:2億8000万円→?????

2019年:1億6000万円→2億8000万円  140試合出場 打率.335  打点87 本塁打28 

2018年:9000万円→1億6000万円    124試合出場 打率.320  打点94 本塁打30 

2017年:6000万円→9000万円    115試合出場 打率.300  打点90 本塁打26 

2016年:1700万円→6000万円     129試合出場 打率.335  打点95 本塁打29 

2015年:900万円→1700万円     97試合出場 打率.275  打点25  本塁打5

2014年:650万円→900万円      36試合出場 打率.344  打点7  本塁打1

2013年:600万円→650万円     11試合出場 打率.083  打点1  本塁打0

 
 

注目は何といっても、2016年のオリックス戦での2試合連続サヨナラホームランとその次の日の決勝ホームランでしょう。
 
 

この3試合連続(6月17日、18日、19日)の決勝ホームランは球史に残る記録となりました。
 
 

しかも広島カープの25年ぶりのリーグ優勝もありましたし、ここで一気に4300万円も年俸が上がりましたね。
 
 

これでもし日本一になっていたとしたら、5000万円アップになっていたかもしれないというのが僕の憶測です。
 
 

もしかしたらジャイアンツなどの資金力が豊富な球団であればもう少し上がっていたかもしれませんが、大体初年度の大ブレークはこんな感じですかね。
 
 

同じような成績で、しかも、チームの成績と直結しているような場合だと、どの球団でもそうですが一気に跳ね上がりますよね。
 
 

実際には鈴木選手も2016年の大ブレークから4年連続で好成績、4年目には首位打者のタイトル、しかも、チームは3年連続セ・リーグ制覇ともなれば年俸が上がらないわけがありません。
 
 

上がり方を見てみると、
 
 

大ブレーク1年目で4300万円アップ
 
 

2年目で3000万円アップ
 
 

3年目で7000万円アップ
 
 

4年目で1億2000万円アップ
 
 

と、上がり方がえげつないですよね!!
 
 

ただ、2017年がちょっともったいなかったシーズンとなりました。
 
 

8月23日のDeNA戦(横浜スタジアム)で、2回裏の守備の際に戸柱選手のフライをジャンピングキャッチしようとして着地の際に右足首をひねり骨折してしまいました。
 
 

それまで全試合に出場していた鈴木誠也選手でしたが、この2017年シーズンだけは115試合の出場にとどまりましたね。
 
 

もし全試合出場していたらもっとホームランと打点は伸びていたと思います。
 
 

ちなみにそこから鈴木誠也選手を欠く広島カープはリーグ優勝は果たしたものの、CSでDeNAに下克上を食らうという展開になってしまいました。
 
 

カープファンとしては苦い経験ですよね。
 
 

参考まで、球界最高年俸の巨人の菅野投手を見ると、初年度の大ブレークで5500万円アップして、2年目のオフには早くも1億円の契約更改をしています。
 
 

なので、菅野投手クラスの選手でもいきなり1年目で1億円アップってなかったようですね。
 
 

鈴木誠也選手の契約更改、今年は何億円??

鈴木誠也選手の契約更改2020の僕の予想です。
 
 

チームの成績にもよると思いますが、もし鈴木誠也選手が全試合出場し、
 
 

打率.330 打点100 本塁打35 
 
 

の成績を残し、チームが日本一になるようなことになれば、おそらく、
 
 

1億7000万円アップの4億5000万円での更改となると予想しています。
 
 

皆さんはどう思いますか??
 
 

ご意見いただけますと光栄に存じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました