40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

日本は中国に飲まれてしまうのか!?今個人でできることとは!?

これからの日本を考える

これからますます目が離せない菅総理の対中外交。

コロナ禍に加え、日本の舵取りが変わり、日本は、私たちの暮らしはどう変わっていくのでしょうか??

今個人でできることとは何か。

政治にばかり頼っていると後で後悔することになるかも!?

日本の外交が弱腰にならないか?

安倍総理の辞任でこれから気になるのが外交路線。
 
 

一つ間違えればこれからの日本経済にも大きな影響があるのは間違いありません。
 
 

このコロナ禍はいろいろな陰謀説もあり、特にあの隣国は日本の動きを慎重に観察していることでしょう。
 
 

おそらくこの先中国はしばらく日本に対して、菅総理の動きを挑発的な行動に出てくると予想します。
 
 

実際、菅総理となって最初の1月は中国公船による尖閣諸島への接近は見られませんでしたが、2020年10月に入り1回の航海で57時間を超えることがあるなど、挑発的な行動を見せ始めています。
 
 

僕の予想ですが、このまま菅総理が「遺憾砲」だけで済ませていれば、ますます中国の思うツボになっていくことでしょう。
 
 

尖閣諸島の守りを固めながら、アメリカの対中国への経済政策を支持し、日本企業も脱中国を目指していかないと、舐められる一方です。
 
 

親中外交で日本は潰れる??

中国は日本と時間軸がまったく違うので、例えば、「首相在任中に○○をする」という考え方ではなく、
 
 

「100年後には○○になっている」という長いスパンで物事を決めていきます。
 
 

なので、日本が気付かないように1ミリずつ物事を進めていき、気が付いたら手遅れになっているようなことも多々あります。
 
 

親中外交で譲るべきではないことを少しずつ緩めていくような外交をしていれば、いつか日本は窮地に追い込まれることになるかもしれません。
 
 

ある親中派の議員さんたちが中国と友好関係を築こうとするあまり、日本企業の脱中国がなかなか進みません。
 
 

日本企業の脱中国が加速していけば、もはや中国に頼るビジネスを展開しなくてもいいわけですから、これからの日本経済はその親中派の議員さんたちにかかっていると言っても過言ではないでしょう。
 
 

でも、反対にこの先も中国にしっぽを振るような外交を展開していれば、アメリカとの関係にも影響が出てきます。
 
 

両方にいい顔をする必要なんてないのですから。
 
 

日本の沈没はもう始まっている??

今、日本で不動産が中国人に買われまくっているのをご存知ですか??
 
 

もうすでに在日中国人によって北海道の広大な土地が買われてしまっています。
 
 

しかも、中国人の安い労働力によって支えられている日本の経済。
 
 

おそらく中国はそれが狙いだったのかもしれません。
 
 

コロナ禍で打撃を受けるのはもちろん日本経済です。
 
 

観光業界が大打撃を被ったのはその一例です。
 
 

中国からの観光客に頼るビジネスは非常に危険です。
 
 

観光業界では中国人旅行客に頼ったビジネスを展開していた旅館が相次いで倒産したり、観光地でも事業が難しくなってきているのが現状です。
 
 

今個人でできることをしていこう!!

これからの時代は今までの時代とは全く違います。
 
 

特にコロナ禍で政府はお金をバラマキまくっています。
 
 

あまり詳しい説明は必要ないかもしれませんが、簡単に言うと、特定給付金のおかげでお金の価値が下がることが予想されます。
 
 

要するに、政府はただ単にお金を印刷しているだけなので、お金の価値は下がって当然ですよね。
 
 

少なくとも円安になるだろうし、このままコロナが続けば最悪の場合、円が紙切れになるおそれだってあります。(まあ、極論ですけど)
 
 

そうなると、もはや政府なんて当てにできないし、個人で資産を守っていかなくてはなりません。
 
 

また、政府は預金封鎖なるものを画策しているかもしれないので、銀行預金もある程度は残した上で、金やプラチナなどの貴金属を所持しておくことも必要になってくるでしょう。
 
 

ちなみに、僕は怖くなってきたので、最近、金やプラチナを買って、有事に備えています。
 
 

 
 

金の値段も高騰してきているので、タイミングを見て早めに買われておくことをおすすめします。
 
 

それから、会社で働くだけで、このまま何もせずに老後を迎えることは非常に危険だと僕は思っています。
 
 

家に帰ってからのほんの1時間程度でも何かを始めたら、それは数か月後にはきっとスキルとなって生活を助けてくれる武器となってくれることでしょう。
 
 

僕はあることを始めて、以前とは全然違う収入を得ることができたので、シェアします。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました