40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

【英語とドイツ語の同時学習の救世主】ひできちが教えるこの2冊

外国語を楽しもう

こんにちは。

ヒデキチです。

今日は、僕が大学時代に専攻していた「ドイツ語」についてお話しようと思います。

このページを読んでいるということは、

英語とドイツ語の同時学習

に興味があるという方ですね。

その志、感服いたしました!!

これはなかなかできることではないので、

そこを目指されるのであれば、

僕もお役に立てられるように全力で応援します!!

さて、その英語とドイツ語ですが、僕の場合、今でこそ、

頭の中での切り替えができるようになってきているけど、

正直、大学で学び始めたときは、「本当にしんどかった」です・・。

大学生の頃なんて、英語もままならない状態だったので、

そこにドイツ語が加わることで、さらに頭の中はカオス状態。

そんな経験をしている僕が、

今日は英語とドイツ語の同時学習方法と、

とても役に立つ2冊の本を紹介します!!

ヒデキチが実践していた効率的な方法

まずは、学習の比率を考えてみよう。
 
 

まったく初めてドイツ語学習を開始する人は、
 
 

当然のことながら、ドイツ語に割く時間は多くなるでしょう。
 
 

確かに、新しく学ぶ言語の比重を大きくしないといけないですが、
 
 

かと言って、今まで一番力を入れてきた英語が落ちていくのもちょっと嫌だったので、
 
 

僕の場合、
 
 

ドイツ語をしながら英語も確認する勉強方法
 
 

を実践しました。
 
 

実際には、7(ドイツ語):3(英語)くらいの割合です。
 
 

具体的に言うと、
 
 

ドイツ語の勉強をしている最中に、
 
 

これ英語ではどう表現するんだろう??
 
 

という疑問を常に持ち続けて、
 
 

それを逐一メモを取っていくやり方です。
 
 

これ、かなりめんどくさいですが、
 
 

今思うと、この方法が一番早かったと思います。
 
 

もうすでに英語とドイツ語の同時学習を始めてる人は感じているかもしれないけど、
 
 

ドイツ語の勉強に集中しすぎたら、
 
 

何でもない英語のフレーズが言えなくなったり、ミックスされたりするんですよね??
 
 

「I can auf deutsch sprechen. 」
 
 

みたいな(笑)
 
 

おそらく、こんな経験ある人は少なくないと思いますが、
 
 

これが、英語とドイツ語の同時学習のときに、
 
 

本当に厄介なんですよね。
 
 

英語も忘れていくし、ドイツ語は全然伸びないし、
 
 

結局、どっちもできなくなってしまうんじゃないかって気持ちになります。
 
 

実際、当時、僕はそう感じてました。
 
 

勉強しててどっちもできなくなるって、
 
 

かなり不安ですよね・・・。
 
 

まあ、ちょっと横道に逸れましたけど、
 
 

僕の自論は、
 
 

常に英語もドイツ語も両方やる
 
 

です。
 
 

しんどいかもしれないけど、
 
 

「英語を勉強した日は、ドイツ語も勉強する」

「ドイツ語を勉強した日は、英語も勉強する」

 
 

これを心掛けていさえすれば、
 
 

時間はかかるかもしれないけど、
 
 

着実に伸びていきます。
 
 

最初はいらないものをいかに省くかが重要

ドイツ語文法をしっかり学んだら、
 
 

あとは、音読などでドイツ語に慣れていけばいいんですけど、
 
 

そのとき、必要ないトピックまで学ぼうとしないでください。
 
 

優先順位を意識して、自分が日常的に使用しないものであれば、
 
 

どんどん省いていきましょう。
 
 

学習を進めていると、どうしても欲が出てきます。
 
 

「あれを言えるようになりたい、これを言えるようになりたい」
 
 

などなど・・・。
 
 

もし、ドイツ語検定やゲーテを受験する予定のある方は、
 
 

「sprechen対策」として、いろんなことを表現できるようにならなくちゃいけませんが、
 
 

そうじゃない人については、
 
 

日常的に使わないトピックはガンガン省いていきましょう。
 
 

英語とドイツ語の同時学習の救世主!!元外交官が教える2冊とは??

さて、ここで、僕が、英語とドイツ語の同時学習で使用していた本を紹介します。
 
 

一通りドイツ語文法を学ばれた方に特におすすめです。
 
 

ちなみにこの2冊は、どこから始めてもいいので、辞書的に使ってもいいと思います。
 
 

また、これは、初心者から持っておいたほうがいいもので、
 
 

中級者になっても活用できます。

german english BILINGUAL DICTIONARY

僕が最初に愛用していたのが、これでした。
 
 

ドイツ語で単語の意味を覚えようにも、
 
 

英語が気になり始めて、そのたびに中断しながら、
 
 

進めていたので、とても効率が悪かったのをよく覚えています。
 
 

この辞書だと、英語とドイツ語が両方書かれているので、
 
 

一目で分かるので、同時進行派の人にはおすすめの一冊です。
 
 

ちなみにこれは、日本の出版社ではなく、
 
 

ドイツ製なので、日本では取り扱いは少ないと思います。
 
 

そして、もう一冊。

「Mastering German Vocabulary」

です。
 
 

これも、初心者~中級者に至るまで重宝します。
 
 

これは、さっきの辞書と比較して、
 
 

例文の量が豊富なので、
 
 

文法だけでなく、会話の練習にも使えます。
 
 

特に、複雑なドイツ文法に悩まされていて、
 
 

英語の文法も忘れたくない人には超おすすめ。
 
 

左にドイツ語、右に英語が書かれていて、
 
 

確認時間を省くことが出来る上に、
 
 

同じ表現を一回で覚えられるところがポイントです。
 
 

そして、心掛けてほしいのが、音読です。
 
 

これがないと浸透しません。
 
 

ちなみに、
 
 

英語とドイツ語のどちらかだけの音読はやめましょう。
 
 

必ず、英語とドイツ語の両方を音読してください。
 
 

必ずです。
 
 

同時学習の一番怖いところは、
 
 

どちらかに偏り過ぎて、どちらかができなくなることなので。
 
 

完璧を求めないことが重要!!

日常的に英語とドイツ語を使用しない人にとって、
 
 

英語とドイツ語の二刀流学習は、かなりきついです。
 
 

最初のうちは、どっちかの比重が大きくなれば、
 
 

必ずどちらかが落ちてきて、挫折を味わうハメになることも。
 
 

でも、それは「普通」です。
 
 

その次は、落ちた方を重視すればいいだけの話です。
 
 

これの繰り返しで、両方うまくいくようになるんですが、
 
 

挫折しないためにも、
 
 

完璧を求めすぎないようにしてください
 
 

英語とドイツ語の同時学習!!最後は「根性」

英語とドイツ語の同時学習、
 
 

賛否両論ありますが、
 
 

僕的にはOKだと思います。
 
 

ただ、これまでもいろいろ書きましたが、
 
 

かなりしんどいです。
 
 

よほどのモチベーションがないと、継続は難しいと思います。
 
 

ドイツ語は、英語ほどの世界共通の言語ではないし、
 
 

ドイツ旅行に行く程度なら英語で全然間に合うので、
 
 

ドイツ語圏に移住してやるっていうくらいのモチベーションがないと、
 
 

継続は容易ではないかもしれない。
 
 

でも、ドイツ語ができることで、
 
 

ドイツ人のビジネスパートナーが喜び、
 
 

業務上得られるものも大きいです。
 
 

僕の場合、英語が通じるビジネスパートナーに
 
 

ドイツ語で話すと相手はものすごく喜んでくれます。
 
 

これによって、いい関係が築けているのも事実なので、
 
 

ドイツ語やってきてよかったって思っています。
 
 

ひできち嫁
ひできち嫁

ドイツ人って、ドイツ語で話しかけると喜ぶよね♬

ひできち
ひできち

そうだね。僕の元同僚でドイツ人いたけど、彼もすごく喜んでたね。

最後になりますが、
 
 

英語とドイツ語の同時学習で一番大事なのは、
 
 

根性
 
 

です。
 
 

モチベーションが上がらないときに助けてくれるのは、
 
 

「根性」なので、この根性は失わないでくださいね♬

コメント

タイトルとURLをコピーしました