40代安月給サラリーマンがたった1年でお金の不安を払拭した一発逆転ストーリー

【やっぱりコロナは嘘くさい?】気づいてるのはあの職業の人たち

あまり話題になってないけどヤバいこと

こんにちは。

コロナ疲れで毎日ウンザリのヒデキチです。

コロナ、コロナとこの言葉を聞かない日々で疲弊しまくっていますが、コロナって実は扇動されているだけじゃないかって思う事実がいろいろ出てきています。

要するに、不安を煽られているだけで、実際はどうなんだろうって感じです。

そんなコロナにまつわるいろんな話を書いていきたいと思います。

徳島大学名誉教授の大橋眞教授もPCR検査自体がおかしいと指摘

無意味なPCR検査は早くやめたほうが良い

コロナの信ぴょう性を知る上で、徳島大学名誉教授の大橋眞教授はそもそも新型コロナウィルスそのものが本当に危険なものかわからないとしたうえで、PCR検査自体がおかしく、さらには、コロナウィルスに対抗するためのDNAワクチンが危険であると話されています。
 
 

その通りだと思います。
 
 

PCR検査は実際に必ずしも「陽性=感染」というわけではなく、別のインフルエンザウィルスでも陽性反応が出ることもあるので、うのみにはしてはいけないということです。
 
 

しかも粘膜にとどまっているウィルスもキャッチして、それをもって陽性と言われるものなので、もはや感染とかそんなレベルの話じゃないですよね。
 
 

あと、悲しいかな、徳島大学のHPで大橋教授をまるでトカゲのシッポ切りのような扱いをしている事実。
 
 

・・・・
 
 

コロナは診療報酬が3倍!!

厚労省のHPによると、コロナの重症患者を受け入れると診療報酬が3倍になるとのこと、皆さんご存知ですか?
 
 

コロナの診断はもちろん医師によりますが、医師としてはちょっとでも診療報酬を稼ぎたいのではと勘ぐってしまいます。
 
 

最近、芸能人のコロナ陽性で入院との報道が相次いでいますけど、そんな報道を見ると、特効薬がないコロナウィルスなのにすぐに退院となっているところを見ると、「なんでもかんでもコロナと診断されているんじゃないのか」って思いませんか?
 
 

しかも病院での治療についてほとんどの方が何も語っていないのでますます気になります・・・・・。
 
 

厚労省の資料を添付しておきます。
 
 

(参考:https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000641309.pdf#search=’%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A+%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC+3%E5%80%8D’)
 
 

しかも最後の4つ目の項目が注目です。
 
 

これは、疑似症状をコロナと診断できるという風に解釈ができると思います。
 
 

つまり、普通の風邪もコロナと似た症状ならコロナと診断できるってことですよね・・・・。
 
 

PCR検査もすぐに陽性反応を示すから当てにならないし、疑似症状でもコロナと言われるし、本当かどうかは怪しい限りです。
 
 

要するに、「咳や発熱があればコロナと言われてもおかしくないのでは!?」ってところです。
 
 

喫煙については何も言われない

コロナコロナと騒ぐ割に、なんでみんな喫煙者のことは何も言わないんだろう??
 
 

コロナが本当に危険であるというのであれば、
 
 

「何で喫煙自粛に向かわないのか」
 
 

ということが不思議で仕方ありません。
 
 

一応、喫煙はコロナが重症化するとかどうとか言われているのに、なぜ、その部分だけ都合よく無視されているのか。
 
 

自分たちが重症化すれば、医療関係者たちの負担が激増するとか言われていてもお構いなしなのか。
 
 

これまで、数々のイベントや大会、そして、お店の営業自粛や外出自粛がなされてきたにもかかわらず、なぜ、
 
 

「公共の喫煙所の閉鎖」
 
 

はなぜ実現しないのか・・・。
 
 

スポーツイベントで中学・高校の最後の大会に出られなかった子供たちが自粛の流れで耐え忍んでいたのに、
 
 

喫煙が自粛されないことが不思議でなりません。
 
 

なんでコロナを疑っている僕がここまで強く言うのかというと、
 
 

つい先日、マスクがウザくて外しているときに、とある喫煙者から「マスクをしろ!」なんて強めの口調で言われたからなんですよね。
 
 

当然のことながら、これに立腹しない人はいません。
 
 

タバコをプカプカ吸ってるヤツから、コロナでマスク云々言われたくないですよね。
 
 

マスクの前にお前のタバコ何とかしろって話です。
 
 

喫煙なんて肺がんリスクを伴うし、基礎疾患を作る原因になり重症化する恐れがあるとか言われているのになぜ喫煙自粛を要請しないんだろうか・・・?
 
 

コロナが本当なら、重症化する恐れのある危険因子から排除すべきだろう。
 
 

そうなると、肺に負担のかかる喫煙なんて真っ先に自粛だと思う。
 
 

僕はコロナを信じていませんが、一応なんとか見つけたのが千葉県のHP。
 
 

コロナと喫煙の関係について、やっぱり喫煙者の方が重症化リスクがあると説明されています。
 
 

(参考:https://www.pref.chiba.lg.jp/kenzu/tabako/corona3.html)
 
 

千葉県のHPのほかにもいくつかあったので、コロナと喫煙について、以下の情報を紹介しておきます。
 
 

新型コロナウイルスが重症化しやすいのは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方といわれています。特に呼吸器疾患については、重症化しやすいだけでなく持病そのものを悪化させる可能性も懸念されます。

また、病気に罹患していない方であっても、コロナウイルス感染症で重症化しやくなる可能性を高めるのが喫煙です。喫煙は電子たばこを含むすべてのたばこにコロナウイルス感染症の重症化リスクを高めることが報告されています。アメリカの医学誌によると人工呼吸器を必要とする患者や亡くなった方などのうち25%以上が以前もしくは現在喫煙をしていたなど喫煙と関連していたというデータもあり、WHOでは現在喫煙者の禁煙を勧めています。

(参考:https://www.clinicfor.life/articles/covid-006/)
 
 

これだけ言われているけど、表立ってあまり喫煙のことが言われないとなると、
 
 

コロナの存在がいよいよ嘘くさいと言わざるを得ません。
 
 

3密バリバリのパチンコ店からコロナ発生のニュースも聞いたことないし。
 
 

嘘くせ~。
 
 

2020年に限って夏風邪が激減!!その真相は??

2020年はなぜか、いわゆる夏風邪にかかる人の数が激減しています。
 
 

参考まで、国立感染症研究所によると、手足口病は毎年7月下旬ごろ流行のピークを迎えるところ、2020年の1医療機関あたりの報告数は、7月27日~8月2日の1週間に0・15人でした。
 
 

ちなみに、2019年は10・54人なので、いかに今年は少ないのかがよくわかります。
 
 

(今年は去年の70分の1でした。)
 
 


 
 

このグラフを見ると、ほかの感染症なども例年と比較して今年はめちゃくちゃ少ないです。
 
 

(引用:https://www.niid.go.jp/niid/images/idwr/pdf/latest.pdf)
 
 

コロナの診断の基準はよくわかりませんが、さっき上でお話した内容のとおり、疑似症状がコロナと言われているんじゃないでしょうか。
 
 

まあ、診療報酬がアップしますからね。
 
 

これ削除されるかなぁ⁉︎ マス● 学校の着用義務だけでも皆で抗議しませんか⁉︎

ちなみにこちらの動画でさらに詳しく説明されています。
 
 

これを見るとコロナを信じるのがアホらしくなると思うので、
 
 

どうしてもコロナを信じたいという人は見ないでください。
 
 

芸能人ではあの人も気づいている!?

芸能人の間でも、コロナを疑う人が出始めています。
 
 

あの窪塚洋介さんもその一人です。
 
 

芸能人の発信力は影響力があるので、一歩間違えれば炎上、もしくは潰されそうになるという話を聞いたことがあります。
 
 

そんな中で正直に意見が言えるのは窪塚さんならではなのかと思います。
 
 

窪塚さんだけじゃなく、実は気づいているけど、なかなかこんなこと言えないという芸能人もたくさんいるでしょうね。
 
 

ドイツでは医者がコロナを嘘と告発している!!

ドイツでHeiko Schöningさんという医師がコロナを嘘として活動されており、この医師に賛同したドイツ国民たちがデモを起こしています。
 
 

でも、残念ながらコロナが嘘とバレるとよほど都合が悪いのか、動画が削除されました。
 
 

ドイツ語なので難しいですが、要するに
 
 

コロナは演出であり、それによって多くの人たちの不安を煽って経済にも影響を及ぼしているので、そんなのさっさとやめろ
 
 

という主旨です。
 
 

ドイツではこのHeiko Schöningさん以外にも1500人の医者や法律家コロナ詐欺として、
 
 

「コロナパニックは演出であり、詐欺トリックである」
 
 

として訴えを起こしています。
 
 

日本では大して報道されていませんが、このデモでは100万人以上の人が参加しています。

こんな感じ。
 
 

ピンとこないかもしれませんが、このデモが行われた場所は普段は普通の車道で、いつもはこんな感じです。
 
 

↓↓↓

もちろんこのデモによる新規感染者はいなかったようです。
 
 

一体、もう何が真実で、何が嘘なのかわからない世の中になってきましたね。
 
 

日本ではデモが起こることはほとんどありませんが、世界ではもうこんなに動いている人たちがたくさんいます。
 
 

やっぱりドイツすげぇ~。

(参考:https://www.xn--rzte-fr-aufklrung-pqbn68b.de/)
 
 

アメリカで1日に12万人感染確認!!・・・どうやって確認??

2020年11月7日のニュースで、
 
 

「アメリカで12万人コロナに感染!!」
 
 

というニュースがありました。
 
 

ネットニュースのコメントでは、
 
 

「いよいよ危ない・・・」
 
 

「どうにかしてほしい」
 
 

と言った声がたくさんありました。
 
 

・・・ちょっと待ってください。
 
 

一日に12万人感染確認って、一体どうやって確認するというのでしょうか??
 
 

全米で医療機関が6210か所あるそうです。
 
 

ただ、これには外科や歯科、泌尿器科、精神科も含まれていると思います。
 
 

(参考:https://www.globalnote.jp/post-10233.html)
 
 

仮にこれら全部がコロナを検査できるとした場合でも、1か所で約20人がコロナ感染と診断されるという計算になります。
 
 

でも、あくまでこれらは感染確認された人数なので、検査に訪れた人たちはこの中にカウントされていません
 
 

陰性確認の人の数も相当数いるはずです。
 
 

そこでますます怪しくなってくるのが、
 
 

一体、どうやって確認されているのか
 
 

本当に謎です。
 
 

まあ、アメリカでも疑似症状はコロナと診断されているのかもしれません。
 
 

ちなみにコロナに罹れば命を落とすという危機感を持っている人もいるかもしれない。
 
 

ただ、そのコロナって意外にもそんなに致死率は高くありません。
 
 

末期がんの患者と比較したら、そこまで高くはありません。
 
 

こんな感じだそう。
 
 

オックスフォード大学の研究者らが運営しているサイト「アワ・ワールド・イン・データ」によれば、人口約3億2800万人のアメリカでは、新型コロナウイルスによる死者が、毎日100万人当たり平均約3人となっている。

(参考:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/17-22.php)

実数だけ見ると確かに多く見えるかもしれない。
 
 

しかも死者の9割以上が60歳以上で、そのほとんどが基礎疾患を持っている方々と言われてます。
 
 

アメリカは肥満などの何かしらの基礎疾患をお持ちの方が多いので、この数字になっているのかもしれないし、
 
 

そもそもの基礎疾患が悪化してお亡くなりになったのかもしれません。
 
 

コロナはよくわかりませんが、食生活や運動に心がけることがコロナよりも大事だと思いますね。
 
 

内村航平選手はコロナ偽陽性が判明

内村航平選手が大会前のPCR検査でコロナ陽性という結果になったのをご存知ですよね。
 
 

しかも無症状で検温36度台
 
 

しかもその後一転、
 
 

偽陽性
 
 

なんじゃそりゃ・・・
 
 

検査ではなく、コロナそのものがもはや嘘くさい。
 
 

ネットニュースのコメントを見ていると、
 
 

こういうこともある
 
 

みたいなことが言われていますけど、僕に言わせると、「そこじゃないだろ!!」って話です。
 
 

これまで陽性が出た人の中にも「偽陽性」の人はたくさんいたと考えられるし、そもそもコロナ自体の存在が怪しくなってきているとも考えられます。
 
 

コロナの特効薬はないとか言われているのに、コロナ陽性の著名人は続々と回復しているし、なぜか治療法も語られていないし、謎は深まるばかり。
 
 

ちなみに2020年9月末時点、日本ではコロナで死んだ人よりも交通事故で死亡した人の数のほうが多いんです。(2020年9月末時点で1988人)
 
 

コロナよりも交通安全のほうを心配したほうがいいと思います。
 
 

厚生労働省のHPでコロナが第4種病原体に格下げされている!!

皆さん、これを見てください。
 
 

あれだけ騒がれていたコロナがいつの間にか、第4種病原体となっていたのをご存知ですか??
 
 

特効薬も開発されていないのに大丈夫なんですかね。
 
 

まあ、そもそもコロナの存在自体が最初から怪しかったと言えばそれまでの話かもしれませんね。
 
 

上の画像を見てお分かりだと思いますが、わが国では大丈夫のようですね。
 
 

僕の予想は、コロナについては徐々にニュースでも報じなくなって、
 
 

国民の関心を別のものに逸らしながら、いつの間にかしれっと無くなると思います。
 
 

そして、著名人たちもマスクをしなくなって、一般人もそれに右に倣え。
 
 

最終的には、勝利宣言も何もなく、通常通りの生活に戻っていることでしょう。
 
 

まあ、東京オリンピックも大丈夫でしょう。
 
 

日本が金メダルをたくさん取ってほしいですね。
 
 

いつの間にかいろんなことが解除されてきている

皆さん、今年の春頃のことを覚えておられますか?
 
 

いろんなお店で営業自粛が相次ぎ、経済に大ダメージを与えたあのことを。
 
 

スポーツ、映画、イベント、公衆便所のハンドドライヤーなどなど・・・。
 
 

結局、どんどん解禁となって、プロ野球もたくさんのお客さんでにぎわい始めています。
 
 

なのに、気になりませんか??
 
 

クラスターが発生していないことに。
 
 

「・・・」
 
 

ワクチンや特効薬が開発されたわけでもないから、2020年11月現在とその春先で何が変わったと言えるのかわからないけど、いろんなものが解除されてきています。
 
 

それでも何も起こっていません。
 
 

紅白歌合戦だって、観客を入れようとか議論されているほどです。
 
 

観客入れてもおそらく大丈夫だと思います。
 
 

何も起こらないと思います。
 
 

インフルエンザ患者が2020年は激減!!

皆さん、上のグラフを見てください。
 
 

もう決定的と言ってもいいでしょう。
 
 

2020年、インフルエンザ患者が激減しています。
 
 

テレビではこのことを広めてもらえないから僕が広めたいと思います。
 
 

これはどういうことかと言うと、インフルエンザに罹った人も「コロナ」と言われているのではないでしょうか。
 
 

「・・・」
 
 

先ほど、上で示した厚労省のHP抜粋のとおり、疑似症状もコロナと診断できる」ということからも十分考えられるところ。
 
 

まあ、発熱と咳があればコロナと診断されやすいかもしれません。
 
 

コロナで死亡したというケースも季節性のインフルエンザだったのではないかとも考えられなくもないところですね。
 
 

ちなみにインフルエンザが原因でお亡くなりになった方は2018年3325人です。(参考:厚労省)
 
 

コロナそれと近い約2,500名(2020年12月現在)。
 
 

コロナと称したインフルエンザだとも考えられます。
 
 

どちらに気を付けるべきかは明らかですね。
 
 

いずれにせよ、やっぱりコロナは嘘くさい。
 
 

以下、僕の予想です。
 
 

2020年の冬から2021年にかけて、インフルエンザの患者は激減すると思います。
 
 

その分、コロナ患者にカウントされる人数激増するでしょう。
 
 

もちろん、死因もインフルではなく、コロナにカウントされると思います。
 
 

マスコミの言う「インフルエンザが激減している理由」も嘘くさい

僕の記事を見てマスコミさんがムキになって重ねてきているとも感じている今日この頃。
 
 

インフルエンザが今年激減している理由として、
 
 

「インフルがコロナに死滅させられている」
 
 

とか言い始めているのです。
 
 

それも何か嘘くさいんですよね~。
 
 

なぜかと言うと、
 
 

感染しても無症状の人もいるコロナ
 
 

感染したら一気に発熱するインフル
 
 

どっちが強いと思いますか??
 
 

言うまでもなく、
 
 

インフルエンザ
 
 

だと思うんですけど・・・・。
 
 

コロナが勝つことの方がどうも不自然です。
 
 

しかも、
 
 

「感染症の同時流行はない」
 
 

とか言われていますけど、
 
 

この記事を見てください。

一部のマスコミは「同時流行ない」とか一方で「ある」とか、
 
 

もう訳がわかりません。
 
 

コロナの不安を無理やり煽ろうとしているように僕には見えます。
 
 

現役の医師も指摘!「コロナで死亡」の定義も怪しい

↑↑↑

これは吉野さんという現役の医師の方のツイッター画像です。
 
 

これだけでもPCR検査の怪しさがよくわかりますね。
 
 

それからテレビを見ていると、コロナの死者が何人とかいう報道を毎日のように見ます。
 
 

でも、「コロナで死」の定義がかなり怪しいのです。
 
 

現役の医師がテレビ番組で言っていたのですが、
 
 

「基礎疾患がある人が死亡し、過去にPCR検査で陽性であればコロナで死亡とカウントされる」
 
 

とのことです。
 
 

以下はツイッターで投稿されていた実際の動画です。
 
 

いかがでしょうか?
 
 

癌や糖尿病でお亡くなりになったのに、
 
 

過去にPCR検査で陽性と判定されたことがあれば、
 
 

コロナで死亡
 
 

とカウントされるのが現実です。
 
 

僕に言わせれば、
 
 

「基礎疾患のある人は重症化しやすい」
 
 

というフレーズは、
 
 

基礎疾患が原因でお亡くなりになった方をコロナ関連死とするための布石のように見えます。
 
 

なので、実際の報道されているコロナの死亡者はもっと少ないと思います。
 
 

ていうか、いるんだろうか・・・?
 
 

報道の仕方一つで視聴者が洗脳されるって、テレビって怖いですね・・・。
 
 

それから、これも見てください。

素人ではなく、医療の専門家もコロナについてこれだけ語っています。
 
 

一人や二人ではなく、現在世界中でコロナが嘘くさいと活動している方たちがたくさんいます。
 
 

「一部の頭がおかしい人」では片付けられない事実です。
 
 

トドメはコレ。

これは大阪の松下医院という病院のHPの抜粋です。
 
 

もうここまでくればコロナはやっぱり○○であるということですよ。
 
 

コロナを収束させる方法は、
 
 

PC〇検査をしないことですね。
 
 

冬に体調不良になったら、僕はインフルの検査を受けてみようと思います。
 
 

だって、コロナはやっぱり○○だから。
 
 

(引用元:http://matsushitaiin.com/matsushita/news/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%EF%BC%88%EF%BC%97%EF%BC%89%EF%BC%8Dpcr%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F/)

歯医者やギャンブル、遊園地ではコロナにならないんだろうか

コロナに感染したとされている人は、大体飲食店や夜の街で感染したとか言われています。
 
 

ディズニーやUSJやパチンコでコロナになったってニュースを聞きません。
 
 

特に歯医者。
 
 

マスクをせずに思いっきり口を開けた人が目の前にいるのに・・・。
 
 

何でだろう・・・?
 
 

歯医者でコロナっていうニュースがないのが不自然で仕方ありません。
 
 

また、人気のある遊園地ではとてつもない人数が集まりますけど、
 
 

そこでもクラスター発生しないなんて不自然にもほどがあります。
 
 

これも何でだろう・・・?
 
 

菅総理も会食を行っている

自粛の流れの中、菅総理も複数人で集まりステーキ会食を行っていたそう。
 
 

僕的には、
 
 

「全然OK」
 
 

です。
 
 

つまり、総理大臣が行うということは、
 
 

「コロナがやっぱり○○だった。」
 
 

という事実に他ならないからです。
 
 

総理はやっぱりご存知だったのですね。
 
 

東京オリンピックを開催する気満々なところからも、
 
 

「コロナはやっぱり〇くさい」
 
 

と言えると思います。
 
 

ヒデキチ予想ですが、
 
 

来年の春頃にはPC〇検査の件数を一気に減らして、
 
 

陽性反応の数をコントロールして国民を納得させる動きに出ると思います。
 
 

それから東京オリンピックを開催するという流れでどうでしょう??
 
 

まあ、PC〇検査をしなければコロナにはなりませんからね。
 
 

収束すると思います。
 
 

マスクをしていない人を監視する人が怖い

監視社会、おそろしいですね。
 
 

安心できる面もありますけど、それは自分の行動が他の人たちと同じである場合です。
 
 

でも、その行動が他人と異なる場合、情け容赦なく攻撃を受けることもあります。
 
 

日本人と言えば、世界的に見ればおとなしい国民性で、他人に意見が流されやすいとかそういう印象を持たれることが多いです。
 
 

マスコミの情報に関しては特に影響を受けやすく、さらに、自分が正しいと思っていることに賛同してくれる人を見つけると、自分と意見が食い違う人たちを攻撃しようとする傾向が強いと思います。
 
 

特にSNSが猛威を振るっているこのご時世であればなおさら攻撃を受けやすい人は集中砲火を浴びることになるでしょう。
 
 

そこで、コロナ禍でマスク着用が常識となっているこの時代、マスクをしていない人が電車やバス、スーパーなどでくしゃみをしようもんならこの人はどういう運命をたどるでしょうか?
 
 

まずは、周囲の人たちから汚いものを見るような軽蔑の目でにらみつけられるでしょうね。
 
 

くしゃみをしていなくても、マスクをしていないというだけで最近すごい目で見られます。
 
 

ヤフーニュースでもコロナ関連のニュースで芸能人が「コロナ大したことないぜ♬」とか言おうもんなら、犯罪者を罵倒する勢いで心無い言葉を容赦なく浴びせにかかります。
 
 

そうです。
 
 

僕が言いたいのは、コロナ禍で一番怖いのはコロナそのものではなく、人間です。
 
 

結局、人間が人間を潰しているように感じます。
 
 

コロナにまつわる発言で周囲から攻撃され鬱になる人もいれば、コロナと診断された人は行動をすべて暴かれ、叩かれる。
 
 

そしていつの間にかコロナ監視員みたいな存在になって、いろんな人を批判しまくる人が増えてくることが一番恐ろしく感じます。
 
 

なので、僕は今、コロナなんかよりも、反コロナ的な人間を潰しにかかる人間のほうがよっぽど怖いです。
 
 

ぶっちゃけ僕も最近そこまでマスクの関心はなく、コロナが本当だとしてもマスクで防げるわけがないと思っていますし、マスクを家に持ち帰る時点で家に菌を入れているのと同じ状態なので、僕はまったくマスクがいいとは思っていません。
 
 

それでも、僕が一応マスクをしている理由は、マスクをしない人間をものすごい軽蔑の眼差しで見てくる人たちが怖いからです。
 
 

形式的に着用しているにすぎません。
 
 

このブログではこれだけのことを言っていますけど、会社ではもちろん、
 
 

「いや~、コロナは怖いですね~」
 
 

とか言って、テキトーに話を合わせています。
 
 

批判されるのが怖いんで。
 
 

このコロナ禍で思ったこと、それはコロナよりも他者を攻撃する人間のほうが怖いということです。
 
 

マスクと経済の恐怖は冬に訪れる!!

↑↑↑

(この写真はアイスランドで撮ったものです。ドラクエ2のロンダルキアみたいで気に入っています。全然カンケーなくてすみません。)
 
 

今世の中はマスクの着用が当たり前になっていて、お店によってはマスクをしないと入店できないところもあるほどです。
 
 

マスクに洗脳されるとは怖い世の中ですね・・・。
 
 

でも、夏場になるとさすがに「もういいんじゃね?」と思いつつも、やっぱり皆、「マスクマスク・・・」
 
 

(プールでは誰も何も言わないのにね・・・・。)
 
 

さすがにここまで来ると、怪しさを通り越して、恐怖すら感じるようになりました。
 
 

安全のために着用が勧められているマスクですが、ここに真の恐怖があります。
 
 

コロナと診断される人が増えているという報道がある一方で、いわゆる夏風邪と呼ばれる他の病気と診断される人の数が激減しているという事実、ご存知ですか?
 
 

要するにマスクを着用させるため「コロナはこわい」という恐怖を植え付けられているのではないかって考えられます。
 
 

本題はここからです。
 
 

恐らく、冬には例年通り、インフルエンザの季節がやってきますが、マスクを通年着用してきた人たちの菌やウイルスに対する抵抗力って、どうなってるんだろうなって、ヒデキチは疑問に思いました。
 
 

免疫力も落ちると予想されますし、そんな中でまたまた新たな型のインフルエンザなどが猛威を振るってきたらどうなるのかっていう話です。
 
 

今以上のパニックが人々を襲うでしょう。
 
 

ちなみに今僕は必要以上にマスクをつけることはしていません。
 
 

知人と一緒にいる間と会社にいるとき以外は外すようにしています。
 
 

ある程度、菌やウイルスへの抵抗力をつけるためにマスクのない生活も時には必要なので。
 
 

かと言って、まったく着けていないとマスク監視員たちに叱られるのでそういう人たちの前では着けています。
 
 

それと、もう一つの恐怖、それはコロナ大不況です。
 
 

もはや国にお金がないので飲食店は春のような営業自粛は求められないかもしれないが、今度は国民が植え付けられた恐怖心で自らの意志でお店に行かなくなり、ますます経済が滞ってしまうでしょう。
 
 

飲食店を中心にコロナ倒産も相次ぐかもしれません。
 
 

(ちなみに全国でコロナ倒産は2020年9月9日現在で500件を超えています。)
 
 

さらに経済は悪化して、おそらく円そのものにも影響が出始めるかもしれません。
 
 

なので、今できることとしては、免疫力をしっかりつけておくことと、必要以上にコロナ情報に踊らされないことだと思います。
 
 

コロナ情報に踊らされないために僕は今テレビを見ていません。
 
 

コロナコロナと不安を煽っているだけでうるさいので。
 
 

テレビをつけないことが「コロナに踊らされない対策」として良いと思いますよ。
 
 

あとはいつも通りの手洗いとうがいで十分のような気がします。
 
 

そもそも、
 
 

「今日は過去最多の○○人が感染しました。」
 
 

というニュースを聞いて、どうしろと言うんでしょう・・・。
 
 

コロナが本当だとしても、
 
 

個人でできることは限られるし、
 
 

コロナで死亡するリスクより、
 
 

コロナ禍の自粛で失業し生活できなくなるリスクの方が高いのですから、
 
 

マスコミに踊らされないようにしましょう。
 
 

時間と体力のない40代サラリーマンが不安に勝ってストレスがなくなるブログ
時間と体力のない40代サラリーマンが不安に勝ってストレスがなくなるブログ
https://i-am-freedom.net/%e3%80%90%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%93%e3%81%a8%e3%80%91%e7%89%a9%e4%ba%8b%e3%81%ae%e6%9c%ac%e8%b3%aa%e3%82%92%e8%a6%8b/
「当前のこと」、「仕方がない」と諦めていたことが解決するヒントがここにあります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました