熱中症対策グッズおすすめ クールベスト編 売れ筋商品2017 

この記事は2分で読めます

今はまだ4月ですが、少しずつ暑さを増している中、真夏を思い出させる暑さにそろそろ熱中症対策をしなければと思いついた方も多いはず。

そろそろ必要な熱中症対策グッズをチェックしておかないと売り切れなんてことになりかねません。

特に営業で外回りが多い方、屋外での作業が多い方、それに屋内の風通しの悪い場所などで作業をしている方は熱中症の危険性が増してきます。自分では大丈夫だと思っていても無意識に体には過度な負担がかかっていますので、少しでも自分の身を守るために熱中症対策をした方がいいですよね。

最近は色々を便利な熱中症対策グッズも販売されています。
今日は特に暑い場所で作業をする方などにおすすめのクールベストを紹介します。

服の下に着るタイプのクールベストは暑い炎天下などから自分の身体を守ってくれます。
自分は大丈夫だと思っていても、疲れがたまっているときや寝不足のときにはいつもと違って体力を消耗しやすく危険です。念のために十分な対策をしておいた方がいいですね。

炎天下での作業、スポーツ観戦、テーマパークなど

冷却材で背中を冷やすことができるクールベスト

外での作業や、スポーツ観戦、こまめに水で冷やすことができないときは、保冷剤で背中を冷やすグッズがおすすめです。ベストタイプは蒸れることがあるとの声があり、リュックタイプのものの方が、評価が高いですね。
予備の保冷剤も売っていますが、よくお店などでもらう普通の冷却剤をアルミ袋の中に入れて使ってもいいですね!
(冬はカイロを使って寒い冬を暖かく過ごすこともできますね。)


送料無料!熱中症対策グッズ【BR-530 ICE BACK アイスバック2】薄くて軽量!専用保冷剤と気化熱効果で背中を冷やす!アイスリュック アイスクーラー、冷袋、保冷剤ベスト、クールベスト02P05Nov16

◆予備用の保冷材はこちらです。


保冷剤と保冷剤袋のセット【アイスバック2・3専用保冷剤セット】02P05Nov16

大きな動脈の部分を冷やせ、保冷剤の重みを感じさせない設計のベスト

少しお値段は張りますが、下記のクールベストは背中と両脇の下側の大きな動脈を冷やし、体温上昇を防ぐためのベストです。間違った部分を冷やすことは内臓を冷やし体調を壊すことにもなりかねないので、的確な位置を冷やすことが重要です。
それに保冷剤を体にフィットさせることで保冷剤による重みを軽減し、作業効率をさげない工夫をしています。服の中でも外でもどちらでも着用可です。
しかし、ベストタイプは蒸し暑い場所で使うと蒸れやすいという欠点があるようです。自分の使う場所を考えて蒸し暑い場所の場合はリュックタイプの方がいいかもしれませんね。


熱中症対策グッズ 冷却ベスト アイスハーネス 保冷剤6個付き 暑さ対策 熱中症対策 クールベスト アイスベスト アイスV上位モデル(DM便不可・ネコポス不可)

TVでも紹介されたクールリュック

3.TVでも紹介された、このクールリュックは素材にこだわり、保冷剤に付着する結露を吸収します。蒸れないので快適に過ごせる商品です。


熱中症対策【クールリュックSP】

スポンサーリンク

番外編:子供もくまモンなら背負ってくれる!?

子供もテーマパークやスポーツ観戦など、炎天下でいる場合はやっぱり対策が必要ですよね。子供用のくまモンバージョンもあったので、ご紹介しておきますね。

まだまだしばらく続きそうな暑い夏を少しでも快適に過ごせるようになるといいですね。

今回はクールベストをご紹介しましたが、次回はスプレーするだけで超ヒンヤリの冷却スプレーをご紹介しますね。

関連記事はこちら

熱中症対策2017の売れ筋グッズ 冷却タオル編
熱中症対策2017 売れ筋グッズ クールベスト編
熱中症対策2017売れ筋商品 冷却スプレー編
熱中症対策グッズ2017 脱水症状を起こさないための売れ筋商品
熱中症の危険度を知らせてくれる便利なブザー 赤ちゃん、お年寄りに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。