ドイツのサウナで男女混浴体験、ベルリンの【LIQUIDROM】でスパ体験

この記事は3分で読めます

ドイツのサウナで全裸混浴体験!!ここにもあった男女混浴サウナ!

ドイツには数多くの混浴サウナが存在しています。まだまだ個性的で快適な男女混浴サウナがあると思いますが、本日もちょっと他と違うドイツの男女混浴サウナのお話をしたいと思います。日本人の私たちにとっては少しドキドキしますがとても楽しいです。


スポンサーリンク




LIQUIDROMってどこにあるの??

このLIQUIDROMというサウナは、ドイツのベルリンにあるサウナで、ここのサウナに関しては、観光客にも人気のあるサウナだそうです。

ネット上では日本人女性が投稿したと思われるブログも発見しました。なので日本人女性にもなじみがある場所なのかもしれません。

場所に関しては、ベルリンの中心部MITTE(ミッテ地区)に位置し、ポツダマ―プラッツからそんなに離れた距離ではないところにあるので、アクセスは簡単だと思います。

地下鉄U-1(ウーアインス)の「Möckernbrücke (Berlin U-Bahn)」という駅で下車したあと徒歩3分です。とても特徴的な建物なので、すぐに分かると思います。

LIQUIDROM

ちなみのU-1に関しては「Zoologischergarten(ツォーロギッシャーガルテン)」という駅から、ワルシャワシュトラーセ方面行に乗れば15分もかからずに着きます。

スポンサーリンク

LIQUIDROMってどんなサウナ・スパ??

今回ご紹介するドイツの男女混浴サウナはとても特徴のあるサウナで、何と言っても、線分濃度が非常に高いプールのあるサウナとなっています。

このプールでは塩分濃度が高いこともあり、何もしなくても浮きます。そして、棒状の浮輪を頭に敷き仰向けに寝ると、宙に浮いて寝ている感覚にとらわれ、とっても気持ちがいいのです。忙しい日本人にとってはいいリラックス空間かもしれません。

ドイツの冬はとても寒いことで知られていますが、このプールは屋内なので冬でも快適に入ることができ、時間を忘れて水面でリラックスすることができます。

また、その水面に浮かんでいる間にどこからかクラシックのリラックスできる音楽が聞こえてきますが、何とその音楽はプールの底に備え付けられたスピーカーから聞こえてくるではありませんか。

こんな仕掛けのあるスパ・サウナってとっても面白いですよね。

ちなみにここのサウナと他のドイツサウナ・スパと違う点といえば、プールゾーンに限り、水着を着用しなくてはならないことです。

でも、結局はサウナ・スパに入るときには男性も女性も全裸になるのであまり意味がないように思えます。プールから出た後は男性も女性もみんな裸になってサウナへ向かっていました。

一方で、サウナも充実しています。

サウナには5種類(90℃、80℃、中温、低温、ミスト)あり、外にはぬるめですが、スパや水風呂もあります。

ドイツのサウナは基本的には全裸で入り、バスタオルを下に敷いて汗が垂れないようにしなければいけませんが、ここのミストサウナに関してはバスタオルを持って入る必要がなく、裸のまま入るようになっています。

また、このサウナには女性専用ゾーンはなく、男女混浴で全員裸で入ることとなります。

LIQUIDROMの受付から退場までは??

まず受付ですが、滞在時間を言います。時間と値段は、

2時間19.5ユーロ(約2400円)
4時間24.5ユーロ(約3000円)

となっています。

この滞在時間とは、

「レシートに記載の時間から退場までの時間」

となりますので、着替えの時間を含めた計画をたてなければならないのでご注意ください。

時間を伝えお金を払い受付が終了すると、黄色いプラスティック製のコインを渡されます。

そして、このコインを持ってロッカールームへ行き、自分が使用したいロッカーに差さっている「リストバンド兼カギ」にそのコインを挿入してから、ロッカーが使用できるようになります。

着替え終わったらそのリストバンドを装着し、そこのスパで食事をする場合、レストランでの精算はすべてそのリストバンドで行います。

そして、サウナを終了し、着替え終わったらそのコインをカギから抜き、コインを受付に渡してください。※コイン抜き忘れにご注意を。

時間の延長があればその分とレストランでの注文分をそこで支払うというシステムです。

くどいようですが、滞在時間とは

「レシートに記載の受付時間~退場時にコインを返却するまで」

となっているので、もちろん着替えの時間も含まれます。時間には注意をしましょう。

ちなみに更衣室ですが、一応男女でドアが異なるのですが、実は中でつながっています(笑)。なので、男女で着替えるときは丸見えです。若い女性も男性もみんな裸でしたが、誰も気にしていない様子でした。そもそもサウナで裸で入ることとなっているので、男女の更衣室を分ける意味がそもそもありませんよね(笑)。

まとめ

まだまだドイツにはおもしろ快適サウナがたくさんあります。

観光客として訪れる女性も男性も日本では決して体験できないことなので、是非体験していただくと自分の中に新しい世界が開けると思うのでおススメです。

関連記事はこちら

ドイツのトロピカルアイランドの女性に人気の混浴サウナはこちら
ドイツ北部の若い女性に人気のサウナ、クリスタルテルメ
ドイツの男女混浴サウナに入る前に読んでおきたいマナー
若い女性が集まるドイツの超おススメ男女混浴サウナ「Vabali Spa」
ガクト愛用メタルマッスルHMBでモテる自分になる最短の道!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。