プロ野球セリーグ順位予想2017、優勝チームは??詳細分析

この記事は6分で読めます

プロ野球セ・リーグ2017順位予想、果たしてどうなる??

2017年のプロ野球セ・リーグの順位予想ですが、巨人、阪神は大型補強でかなり強くなるものと予想します。しかし、広島カープの去年の戦い方を見ていると、2017年の優勝もやっぱり広島カープなのかな~なんて気もしますが、セ・リーグの順位予想に関して、2017年は特に難しいと思います。

しかし、何が起こるか分からないのがペナントレースです。実際、2016年、カープOB以外でカープ優勝を予想していたのは、元ロッテの小宮山悟氏で、ほとんどの解説者はBクラスもしくは最下位に予想していました。

実際、2015年はヤクルト、2016年は広島カープと2年続けて、大方の予想を覆す結果となっており、これと同じように2017年も「まさか、あのチームが!?」っていう結果になるかもしれません。

もちろん、皆さんの大好きなチームはそれぞれ異なるので、皆さんにとって、そのチームが優勝候補なのは間違いありません。


スポンサーリンク




そこで今日はプロ野球セ・リーグ2017の順位予想をしたいと思います。

私の個人的な予想ですが、

優勝・広島東洋カープ

連覇は非常に難しいと言われますが、2016年に続き、広島カープが優勝するのではないかと思います。第三者的に見ても戦力バランスが一番いいのがカープだと思います。カープファン以外の方からしたらおもしろくないかもしれませんが、ケガによる主力の離脱などの想定外のことが発生しない限り、カープの優勝は可能性として非常に高いと思います。

特に攻撃陣は強力で、ほとんど上位打線は固定できるという点と、長打あり、小技あり、意表を突く攻撃ありとバリエーション豊富で、得点力がずば抜けています。

さらに、ピッチャー陣も先発が揃っていて、中継ぎ、抑えもすでに固定できるくらいのレベルで、他球団と比較しても一番戦力バランスがいいと考えられます。

2017年注目ポイント

当然のことながら、先発ローテーションです。

先発ローテーションに関してはセ・リーグNo1と言っていいでしょう。黒田投手が抜けたとはいえ、あの男の存在を忘れている人が多いと思います。今のところ、あまり全国区ではないかもしれませんが、

「戸田隆矢投手」

です。2016年7月、寮で転倒して戦線を離脱。その後ケガの影響もあり1軍登板はありませんでしたが、前半戦だけで

「17試合登板、4勝0敗1セーブ、防御率2.80」

という数字を残し、対阪神では「2勝(1完封)0敗、防御率1.08」という成績で阪神キラーといってもいいでしょう。

そのほか、(※印は得意チーム)

ジョンソン」※(対中日3勝0敗)(対ヤクルト5勝0敗)
野村祐輔」 ※(対巨人3勝0敗)
福井優也」 ※(対巨人3勝0敗)
大瀬良大地
岡田明丈

DeNA以外のすべての球団のキラーが揃っています。
なので、どこかのチームにカモにされることは考えにくいです。

キーポイント

鈴木誠也選手です。彼が2016年同様の活躍ができることを前提に予想したものなので、優勝は彼にかかってくるかもしれません。

鈴木誠也

そして、そろそろ、緒方監督は「4番・鈴木誠也」構想も考えているかもしれず、その重圧に負けさえしなければ、カープは乗っていけると思います。

その他の2017年注目記録

梵英心:1000安打(あと10)、100号本塁打(あと26)

関連記事:広島カープ・菊池涼介の驚異の身体能力の秘密はここにあった!!
関連記事:広島カープ・菊池涼介、やっぱりメジャーへ行ってしまうのか!?
関連記事:菊池涼介のネックレスはコラントッテ

2位・巨人

ジャイアンツは大型補強が目立ち、2017年は絶対優勝だという雰囲気かもしれません。しかし、2016年よりは広島カープとの差は縮むかもしれませんが、微妙な差で2位と予想します。

冷静に考えてみると、打線も強いとはいえ、2016年に奪った総得点は

「519点」です。

一方でカープは「684点」で、165点の差があるのです。陽選手が加わったとしてもそう簡単に得点力がアップするというものではないと思います。

さらに、巨人は、カープ・野村、福井を苦手とし、その時点でカープにアドバンテージがあると見ます。なお、福井投手に関しては、過去2年間で「6敗」しています。

2016年はカープのこの二人に何と「0勝6敗」もしているのです。この二人を何とかしない限り、巨人がカープの上を行くのは厳しいでしょう。

キーポイント

菅野投手対各チームの左打者

ここがポイントと考えます。

菅野投手はすごいピッチャーですが、一つ弱点があります。
それは「左バッターにけっこう打たれている」ことです。

特にヤクルト・雄平カープ・丸中日・森野DeNA・筒香、阪神・鳥谷にはけっこう打たれています。各チームに苦手バッターがいるのでここがキーポイントです。

また、DeNAから山口俊投手、ソフトバンクから森福允彦投手が加入したので、対DeNA戦は強いかもしれませんが、単純計算で広島カープとの差「17.5ゲーム差」を縮めることは難しいのではないかと思います。最終的に首位と5ゲーム差くらいで2位に終わると予想します。

2017年の注目記録

坂本勇人:1500安打(あと98)
阿部慎之助:2000安打(あと83)、400号本塁打(あと27)

関連記事:坂本勇人のネックレスもコラントッテ??
巨人が広島カープに勝てない理由2017!どうすれば勝てる!?
巨人が勝てない理由2017!!2軍は一体何してんの!?

3位 ヤクルトスワローズ

意外だと思われたかもしれませんが、ヤクルトは侮れません。2015年も下位に予想されながら、結局優勝しました。とにかく打線が強力です。巨人よりも75点多く点を取っています。山田哲人選手、雄平選手、畠山選手、川端選手など、主力にアクシデントがない限り、得点力は下がらないと思います。

問題はピッチャー陣ですが、抑えとセットアッパーさえ固定できれば、戦い方が見えてくると思います。

阪神タイガースも抑えピッチャーが固定できていないという点ではヤクルトと同じですが、阪神とヤクルトとの違いは、ヤクルトの方が打線が計算できて強力であるところで、ヤクルトを3位に予想しました。

キーポイント

由規投手と小川投手の二人にかかっていると思います。

この二人が想定内の活躍をすれば、Aクラスはかたいと思います。

さらに、打線はカープに次いで強力なので、ピッチャーが疲れてくる時期にうまく打線でカバーできるかがポイントと見ています。

関連記事:東京ヤクルトスワローズが今年も下馬評を覆す根拠とは!?


スポンサーリンク




4位 阪神タイガース

先発陣は非常に強力で、藤浪、メッセンジャー、岩貞、能見など、実績十分の選手が揃っているので、Aクラスかどうか迷いましたが、セットアッパーと抑えがやや上位と比較すると弱いということと、打線について、クリーンアップが福留孝介選手頼みというところで、4位と予想しました。それから、糸井選手が加入するとはいえ、一人でチーム全体が変わるものでもないと考え、2016年と同様ではないかと予想します。

キーポイント

新人王の高山選手、2016年不調に終わった鳥谷選手にかかっていると思います。

高山選手は2年目ということで、各球団対策を練ってきます。2年目も1年目と同様以上の活躍ができるかどうかにかかっています。

それから、「四球の数」を増やせるかどうかもカギになってきそうです。

2016年は「27」で、同じ1番バッターで広島カープの田中広輔選手は「77」四球を選んでいます。1番バッターは出塁率が重要なので、ここに意識すると、チームの得点力が爆発するのではないかと思います。

参考までに

カープ・田中選手の出塁率「.367」
阪神・高山選手の出塁率「.316」

それと、2000本安打がかかっている鳥谷選手ですが、ショートの北條選手との争いに勝つことができれば、タイガース打線も強力になるものと予想します。

この2人の活躍によってはAクラスも見えてくるかもしれません。

2017年注目記録

鳥谷敬選手2000本安打(あと128本)

阪神タイガースの優勝できる可能性2017!!まだまだこれから?

5位 DeNAベイスターズ

やはり、山口投手の巨人への移籍が大きい上、先発陣のコマが少ないことがBクラスと予想した理由です。

2016年に活躍した今永昇太、石田健大と若いピッチャーがいますが、彼らが2017年も同様の活躍ができるかどうかにかかっていると言えます。

今永投手に関していえば、CSでカープと対戦した際、1回裏で炎上し早々とノックアウトされた経緯があります。広島からは彼の特徴がすでにつかまれていると考えます。2017年はそう簡単には勝たせてもらえない上に、井納投手一人ではカバーしきれない部分が大きいと思い、5位と予想しました。

しかし、抑えと4番に関しては上位チーム同様固定できているのでそこが強みかもしれません。

おそらく、3位から5位までは団子レースになるんじゃないかなと思います。

DeNAベイスターズ石田健大がカープに強い理由とはいったい??
DeNAが人的補償で巨人から獲得したのはあの選手!!

6位 中日ドラゴンズ

個人的にはがんばってほしいチームです。最近は若手も台頭してきて、波に乗れるかどうかのところで、また沈む傾向があるので、2017年こそは再び浮上してきてほしいなと思います。

注目の選手といえば、やはり、「高橋周平」、「大島洋平」、「平田良介」、「森野将彦」の4人で、彼らが期待通りの活躍を見せてくれるかどうかによって浮上のチャンスが拡大すると思います。

それから、カープキラー「八木智哉」がどこまでカープを足止めするかですね。

抑えは、田島慎二投手がどれだけ抑えとして機能するかによって、十分上位への浮上は可能だと思います。

また、注目の記録としてはやはり、この人、

「荒木雅博選手」で2000本安打でしょう。

あと「39本」で達成なので、是非がんばってほしいですね。

意外と侮れない!?2017年の中日ドラゴンズ開幕スタメンはこちら!!

スポンサーリンク

まとめ

今日はプロ野球セ・リーグ2017の順位予想についてお話しましたが、冒頭でも言いましたとおり、

「皆さんのお好きなチームが優勝候補」

だと思います。皆さんの応援の仕方によって、必ず順位は変わってくると思います。

また、自分の好きなチームだけではプロ野球は成立しないので、他のチームのファンと選手・スタッフにも感謝しながら、ペナントレースを見守りたいと思います。

今年もプロ野球セ・リーグ2017から目が離せません。以上、セ・リーグ2017年順位予想でした。

プロ野球セリーグ2017の後半戦のキーマンはこちら

プロ野球セリーグ2017の後半戦展望と各チームのキーマンは誰!?


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。