広島カープスタメン予想と2017の展望と試合結果!連覇への第一歩!!

この記事は8分で読めます

広島カープスタメン予想と2017年の展望です!!個人的にまとめてみた戦力分析と2016年のデータをもとにした根拠も書いてみました。また試合結果も随時更新していきます!!カープファンの皆さま共に戦いましょう!!

広島カープスタメン2017と徹底分析

プロ野球各チームの2017年に向けた戦力も整い、いよいよ2017年を迎えます。

年が明けると、自主トレ、キャンプ、オープン戦とあっという間にペナントレースの開幕を迎えることとなります。

2016年、広島カープは2位巨人に大差をつけて25年ぶりのリーグ優勝を飾りましたが、2017年は連覇に向けて死角はないでしょうか。

今日は、2017年の広島カープのスタメン予想と、それから各チームとの対戦予想をお話していきたいと思います。

2017年の広島カープ

おそらく、他球団の戦力補強を踏まえてみても広島カープが有利であることには変わりはないでしょう。

ポイントの一つとして、DeNA山口俊投手が巨人へ移籍したことです。連覇を狙う上でカープにとってありがたい結果となると思います。

DeNAはおそらくカープが最も戦いにくいチームだったはずですが、そのチームから勝ち頭が巨人へ移籍したことはカープにとって手強い相手のエースがいなくなることになるので、DeNAに対しては戦いやすく、そして巨人との対戦はそこまで苦にしていなかったので、カープにいい風が吹いているように見えます。

実際、クライマックスシリーズ2016のファイナルステージでは、山口投手の登板はありませんでしたが、山口投手がいたら、また別の展開になっていたことは間違いないと思います。辛うじて勝ちましたが、カープも相当苦戦していたように見えたので、山口投手の巨人への移籍は好都合と取れます。

一方で、広島カープはというと、日米通算203勝の右腕・黒田博樹投手が引退したので戦力ダウンは否めないところです。黒田投手は2016年10勝(8敗)していたので、単純計算ですが、既存戦力で10勝分をカバーしなくてはなりません。

沢村賞を受賞したジョンソン、最多勝の野村だけに頼るのではなく、若手の成長が必須となっているので、ドラフト1位ルーキーの加藤拓也投手(慶応大)、2年目の岡田明丈投手、福井優也投手、そして、大瀬良大地投手に期待がかかります。

また、投手陣に関しては、ケガで戦線を離脱していた中田廉投手(中村紀洋が親戚)、戸田隆矢投手が戻ってくるなど、好材料もそろっています。

さらに抑えピッチャーは中﨑翔太投手も成長著しく、防御率では1.32をマークしており、セーブ王の巨人・澤村投手(2.66)よりも優秀な防御率を残しており、2017年はもっと盤石な投手リレーが見られるんじゃないでしょうか。

そして、野手に関しては、12球団最強といえるのではないでしょうか。

1番から8番までどこからでも点が取れる打線はそうは簡単には抑えられるわけもなく、さらに盗塁数に関しても2016年は「118盗塁」で、ピッチャーからすると打者に集中できないため、赤ヘル打線はなかなか手がつけられないのではないかと思います。

「投」だけでなく「打」に関してもセ・リーグナンバー1で優勝はかなり近いと言えると思います。

なので、2017年の展望としては、かなりの成績を残すものと予想します。


スポンサーリンク




それではピッチャーについて分析していきたいと思います。

先発ピッチャー

チーム防御率3.20(リーグ最少)※総失点「497」はセ・リーグ最少

2016年の成績とともに各ピッチャーを見ていきたいと思います。

クリス・ジョンソン
26試合、15勝7敗、防御率2.15、奪三振141
開幕投手候補。2016年はCS、日本シリーズで大活躍の沢村賞投手。2017年も投手陣の柱として期待がかかります。

得意チーム:ヤクルト(5勝0敗、防御率3.13)、中日(3勝0敗、防御率0.79)
苦手チーム:DeNA(2勝2敗、防御率3.00)、巨人(1勝2敗、防御率1.20)

野村祐輔
25試合、16勝3敗、防御率2.71、奪三振91
最多勝と最多勝率のタイトルを獲得したかつての新人王。
マエケンの穴を見事に埋めてくれた右腕にさらなる期待がかかります。
2017年は沢村賞を狙ってほしいですね。

得意チーム:ヤクルト(5勝1敗、防御率2.22)、巨人(3勝0敗、防御率2.35)
苦手チーム:DeNA(0勝1敗、防御率7.41)

福井優也
18試合、5勝4敗、防御率4.34、奪三振63
大事な巨人戦で実力を発揮する本格派右腕。5勝のうち3勝が巨人戦です。
最近は安定感も出てきたので2017年は初の二けた勝利が期待されます。巨人の勢いを断つピッチングにも期待。

得意チーム:巨人(3勝0敗、防御率2.12)
苦手チーム:DeNA(0勝1敗、防御率7.45)

大瀬良大地
17試合、3勝1敗、防御率3.32、奪三振24
マエケンからエースの座を任せられた期待の新人王右腕。
2017年は二ケタ勝利が期待される。マエケンとの自主トレを予定。

得意チーム:ヤクルト(1勝0敗、防御率0.00)
苦手チーム:中日?(1勝0敗、防御率5.63)

戸田隆矢
17試合、4勝0敗、防御率2.80、奪三振42
戸田投手は前半戦だけでこの成績です。
野球以外でのケガが原因で戦線を離脱したので、優勝したにも関わらず、本人もシーズン終了後に悔しさをにじませていました。
個人的な願望ですが、カープの貴重な左の先発として、かつての「大野豊投手」のようになってほしいですね。

得意チーム:阪神(2勝0敗1セーブ、防御率1.08)
苦手チーム:DeNA(0勝0敗、防御率7.00)

岡田明丈
18試合、4勝3敗、防御率3.02、奪三振60
ルーキーながらクライマックスシリーズをまかされたりするなど、首脳陣の評価も非常に高い右腕。個人的にはポーカーフェースがいい成績を生んでいる要因のような気がします。どんどん場数を増やして大エースとなってほしいですね。

得意チーム:阪神(2勝0敗、防御率2.00)
苦手チーム:ヤクルト(0勝1敗、防御率27.00)DeNA(0勝2敗、防御率4.19)

それぞれのピッチャーがそれぞれの球団を得意にしているため、各チームからバランスよく勝ち星が積み重ねることができますが、ご覧いただいたとおり、

「DeNAを苦手とするピッチャーが多い」

というところにご注目いただきたいです。

むしろ苦手とするピッチャーが多いため、打撃戦が多くなると予想されます。

なので、今年はDeNAがダークホースとなるかもしれません。

ドラフト1位の「加藤拓也投手」も楽しみですね。

カープのドラフト1位ルーキーはだいたい活躍してくれるので注目です。

関連記事:ドラフト1位の加藤拓也投手の活躍できる根拠とは!?

※ルーキーイヤーについて野村祐輔9勝、福井優也8勝、大瀬良大地10勝です。

中継ぎピッチャー

今村、一岡、ジャクソン、ヘーゲンズ、そして中田廉(中村紀洋の親戚)が戻ってくると思います。キャンプの出来次第だと思いますが、非常に楽しみですね。

今村猛
67試合、3勝4敗、防御率2.44、奪三振87
60試合以上投げられるピッチャーというのは夏場でとてもありがたいピッチャーですよね。2016年は勝っている場面での登板が増え、2017年が楽しみです。

一岡竜司
27試合、1勝1敗、防御率1.82、奪三振21
2015年、2016年は少し研究されてきたか、2014年のときのような活躍は見られなかったですが、カープに来て4年目の2017年はかつての輝きを取り戻せるよう復活してほしいですね。

ジャクソン
67試合、5勝4敗、防御率1.71、奪三振89
今村投手と同様、チーム最多の67試合に登板、守護神・中﨑投手につなぐセットアッパーとして活躍してくれました。
日本シリーズ第6戦では疲れが見えたのか、日本ハムに大量失点を許すなどしましたが、2017年はさらなる活躍が期待されます。

ヘーゲンズ
50試合、7勝5敗、防御率2.92、奪三振33
中継ぎもでき、そして先発も可能なユーティリティピッチャー。
もしかしたら先発への転向もあるかもしれません。

中田廉
8試合、1勝1敗、防御率16.62、奪三振6
2016年は思ったとおりの活躍ができなかったので2017年に期待ですね。

抑えピッチャー

中﨑翔太
61試合、3勝4敗34セーブ、防御率1.32、奪三振54

巨人・澤村とセーブ王のタイトルを争った末、セーブ王は譲りましたが、防御率に関しては澤村投手より優秀なので2017年シーズンはさらに活躍しそうですね。

先発・中継ぎ・抑え、どこをとってもあまり死角がないように思えます。

また、カープの新戦力、ライアン・ブレイシア投手もとてもいい投手なので、非常に楽しみですね。

関連記事:カープの新外国人投手、ライアン・ブレイシア投手とは!?

打線

2016年、

チーム打率.272(12球団トップ)
チーム本塁打153本(12球団トップ)
チーム総得点684点(12球団トップ)

つまり、12球団最強ということになります。

広島カープの2017年開幕スタメン予想ですが

対左ピッチャーのとき

【1番(遊)・田中広輔
「143試合、打率.265、本塁打13、打点39」

【2番(二)・菊池涼介
「141試合、打率.315、本塁打13、打点56」

【3番(中)・丸佳浩
「143試合、打率.291、本塁打20、打点90」

【4番(右)・鈴木誠也
「129試合、打率.335、本塁打29、打点95」

【5番(一)・新井貴浩
「132試合、打率.300、本塁打19、打点101」

【6番(三)・安部友裕※小窪選手の可能性も大
「115試合、打率.282、本塁打6、打点33」

【7番(左)・エルドレッド
「95試合、打率.294、本塁打21、打点53」

【8番(捕)・石原慶幸
「106試合、打率.202、本塁打0、打点17」

主要な控え選手

【※外野手・松山竜平
「103試合、打率.291、本塁打10、打点41」

【※外野手・下水流昂
「48試合、打率.250、本塁打5、打点18」

対右ピッチャーのときの開幕スタメン予想

【1番(遊)・田中広輔
「143試合、打率.265、本塁打13、打点39」

【2番(二)・菊池涼介
「141試合、打率.315、本塁打13、打点56」

【3番(中)・丸佳浩
「143試合、打率.291、本塁打20、打点90」

【4番(右)・鈴木誠也
「129試合、打率.335、本塁打29、打点95」

【5番(左)・松山竜平
「103試合、打率.291、本塁打10、打点41」

【6番(一)・エルドレッド
「95試合、打率.294、本塁打21、打点53」

【7番(三)・安部友裕※堂林選手もしくは小窪選手も可能性あり。
「115試合、打率.282、本塁打6、打点33」

【8番(捕)・石原慶幸
「106試合、打率.202、本塁打0、打点17」

「1番・田中、2番・菊池、3番・丸」のタナカキクマルは不動で、4番に鈴木誠也選手もあると思って予想してみました。

また、左右のピッチャーに応じて、5番以降は変更がありうると思い、それぞれのパターンで予想しましたが、緒方監督は、対左ピッチャーの場合、ズラリと右バッターを、対右ピッチャーのときは、ズラリと左バッターを並べるのが好きなので、そのパターンもあると思います。

特に松山竜平選手は速球にめっぽう強く、ヤクルトの山田選手が振り遅れている阪神・藤浪、日本ハム・大谷の速球をそれぞれスタンドまで運んでおり、とてもおもしろい存在です。

さらに機動力もあり2016年の盗塁数はリーグトップの「118盗塁」です。
たまにエルドレッド選手も走るので、ピッチャーからしたらたまらんですよね・・・。

広島カープの2017年のキーマンは誰??

【投手】では「戸田隆矢投手」だと思います。

2016年は前半戦だけで4勝0敗1セーブなので、貯金を最低でも5つは作ることができると思います。
また、戸田投手は阪神戦が得意です。阪神にはFAで糸井選手を獲得していますが、糸井選手は

「左ピッチャーを苦にしています。」

対左だと、「打率.268、本塁打2本」と右のときと比較し、その数字がガクンと落ちます。さらに甲子園独特の浜風は左バッターを苦しめることで有名なので、戸田投手で阪神戦を優位に戦うことができます。

また、【野手】では「梵英心選手」だと思います。

2016年は終盤に一軍に登録されるもヒットを放つことができず、打率.000という成績でシーズンを終えました。契約更改でも5000万円ダウンという提示を受け、かなり追い詰められている状態とみます。

しかし、個人的にはまだまだ老け込む年ではないので、安部、堂林、小窪といった選手たちとレギュラーが決まっていないサードを争ってほしいですね。

カープ打線の弱点??

例年言われていますが、左ピッチャーを苦にしています。
特に最近カープを苦しめているピッチャーとしては、

【中日・八木智哉
対カープ「1試合、0勝0敗、防御率1.50」
※2015年は対カープ「4勝0敗」

【DeNA・石田健大
対カープ「5試合、2勝0敗、防御率2.61」

【DeNA・今永昇太
対カープ「5試合、3勝1敗、防御率1.65」

がいますが、これは緒方監督得意の

「右バッターズラリ作戦」

が功を奏するかもしれません。期待したいですね。

カープ投手を苦しめているバッター

バッターにももちろんカープを苦しめる選手はけっこういます。

【巨人・坂本勇人】右打者
対カープ「打率.346、本塁打2、打点13」

【巨人・阿部慎之助】左打者
対カープ「打率.358、本塁打4、打点10」

【DeNA・筒香嘉智】左打者
対カープ「打率.359、本塁打11、打点25」

【阪神・福留孝介】左打者
対カープ「打率.303、本塁打0、打点5」

坂本選手は除き、ここでも【左】がカープを苦しめています。カープも左ピッチャーでコマがそろっているので、そこで勝負したいところですね。

逆に、2016年打率トップテンに入っている主要なところで、カープが抑え込んでいるバッターは

【ヤクルト・山田哲人選手
2016年「打率.304、本塁打38、打点102」
対カープ「打率.263、本塁打6、打点15」

【ヤクルト・川端慎吾選手
2016年「打率.302、本塁打1、打点32」
対カープ「打率.250、本塁打0、打点1」

【ヤクルト・坂口智隆選手
2016年「打率.295、本塁打0、打点39」
対カープ「打率.141、本塁打0、打点2」

【巨人・村田修一選手】
2016年「打率.302、本塁打25、打点81」
対カープ「打率.299、本塁打5、打点15」
(他球団と比較して、カープは村田選手を抑えているほうでした。数字だけ見るとやられている感じはありますが・・・。)

となっていますが、他球団と比較し、抑えているほうだと思います。

ブレークが期待される選手

知名度はありますが、なかなか結果が出せていない選手といえば、

「堂林翔太選手」

です。堂林選手はおそらく、安部選手の活躍に相当歯がゆい思いをしているに違いありません。

優勝旅行にも同行しなかった彼の決意は並々ならぬものを感じます。

ポジションもサードだけにこだわらないそうなので、もともと肩はいいので外野手としても注目です。

私の予想では、規定打席にいくかどうかは別として、

「打率.280、本塁打15、打点40」

くらい打ってくれると信じています。

スポンサーリンク

まとめ

カープの補強とは「練習すること」です。

練習、練習、また練習です。なので、FAで補強するチームに比べ、若手にとってはとてもチャンスが掴みやすい球団ではないかと思います。

そういった意味では、もしかしたら、ノーマークの2軍の選手が1軍に上がり大活躍することも考えられます。

カープにはいきなりそういった選手が出てくることがあるので、シーズン通じて目が離せません。

ここに挙げた選手以外にももちろんブレークする選手は出てくると思うので、注目選手を自分で探し、注目するのもおもしろいかもしれませんね。

2017年の広島カープの展望は明るいと予想します。

試合結果

3月31日(金)対阪神(マツダ)6-10で負けてしまいました。ジョンソン選手の次回に期待ですね。まだまだ始まったばかりなので切り替えていきましょう!!

関連記事はこちらです

広島カープ・ペーニャ選手のニックネームはポヨ??

意外と侮れない!?中日ドラゴンズ2017!!

大型補強の巨人、2017年の戦力徹底分析!!

補強に成功した阪神タイガース、2017年巻き返しなるか!?

セ・リーグ最強スラッガー筒香率いるDeNA打線!!2017年は!?

開幕前に見ておきたいプロ野球2017、セ・リーグ順位予想!!

カープ菊池、やっぱり将来メジャーへ行ってしまうのか!?

東京ヤクルトスワローズが今年も下馬評を覆す根拠とは!?

セリーグ開幕3連戦投手予想2017!!


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 通りすがりのちなc
    • 2017年 2月9日

    個人的には野間、西川辺りがブレイクすると思います。堂林も好調ですし期待できます!
    リリーフですが、九里が重要だと思います。昨年はリリーフ成績がかなり良かったですからね。

      • onnachikyujin
      • 2017年 2月10日

      通りすがりのちなc様

      読んでいただきましてありがとうございます!そうですね、野間選手、西川選手、そして九里投手も期待大ですよね。貴重なご意見ありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。