【プロフェッショナル仕事の流儀】に広島の名スカウト・苑田聡彦さん登場

この記事は1分で読めます

12月26日放送の【プロフェッショナル・仕事の流儀】に広島カープの名スカウト、苑田聡彦統括部長が出演します。広島カープから名選手が数多く輩出される理由が分かる。

スポンサーリンク

【プロフェッショナル・仕事の流儀】に広島カープの名スカウト苑田聡彦さん登場

12月26日放送の【プロフェッショナル・仕事の流儀】に広島カープの名スカウト、苑田聡彦統括部長が出演します。広島カープから名選手が数多く輩出される理由が分かります。

広島カープのセリーグ2連覇の裏にはもちろん選手たちの活躍がありますが、その選手たちの多くは必ずしもアマチュアでスター選手だったわけではありません。

広島カープの名スカウト苑田聡彦さんが選手の才能を見極め、才能を開花させた選手ばかりです。

その名スカウト苑田聡彦さんに【プロフェッショナル・仕事の流儀】が迫ります。

広島カープの名選手たち

【プロフェッショナル・仕事の流儀】でも紹介されると思いますが、広島カープの選手たちで、苑田スカウトにスカウトされた選手たちは本当に多く、ざっと見るだけで、これだけの選手たちがいます。

前田健太、野村祐輔、黒田博樹、金本知憲、江藤智、丸佳浩、田中広輔ほか

広島カープファンならずとも、一度は聞いたことのある名前の選手ばかりです。

特に黒田博樹氏に関しては、高校、大学ではほとんど無名選手であったにもかかわらず、苑田スカウトはその才能と伸びしろに気付いて、1996年のドラフト2位で指名。

その後、広島カープ、メジャーで大活躍し、日本プロ野球史上2人目となる日米通算200勝という偉業を成し遂げるほどまでに。

もちろん黒田氏の努力もあるが、そのポテンシャルにいち早く気づいた苑田氏の眼力もさすがですよね。

そのほかの選手もほとんど、アマチュア時代はそこまで著名ではなかった選手ばかりです。

「ウチは、戦力にかける資金も限られるから、FAにも、ほとんど参戦しない。だからこそドラフトでは、競合は避け、確実に『一番必要な選手』を獲りにいくことが求められるんです」

と、チームの方針もあるが、このように語っておられます。

12月26日の【プロフェッショナル仕事の流儀】の放送が楽しみですね。

また更新したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。