ポーランド代表・レヴァンドフスキーってどんな選手?

この記事は2分で読めます

2018年ロシアワールドカップの抽選も終わり、日本はH組でポーランド、セネガル、コロンビアという組み合わせになりました。

しかし、グループリーグ突破は簡単ではありません。おそらく最大の難関になるのはポーランドと予想します。ポーランドと言えば、スーパーエースストライカーのレヴァンドフスキー選手がいて、日本代表の脅威になるに違いありません。

そこで、このレヴァンドフスキ―選手ってどんな選手なのか見てみたいと思います。

レヴァンドフスキー選手ってどんな選手??

lewandowski

レヴァンドフスキー選手のプロフィールです。

名前:ロベルト・レヴァンドフスキー
生年月日:1988年8月21日
出身地:ポーランド・ワルシャワ
身長:185cm
所属:バイエルンミュンヘン(2014年~)
年俸:約12億円

※ドイツでは年俸っていうより、1週間いくらもらうかって発表されています。

ドイツで現在4連覇中という名門バイエルンミュンヘンに所属していて、契約は2019年までとなっています。

このバイエルンミュンヘンというチームはとにかくお金持ちクラブでサラリーも破格です。

ちなみにレヴァンドフスキ―選手は、1週間160.000ユーロなので、約2,100万円を毎週もらっているということになります。

言わずと知れた、ドイツ代表のマヌエル・ノイヤー選手(週給150.000ユーロ)やトーマス・ミュラー選手(週給150.000ユーロ)よりも多いです。

スポンサーリンク

レヴァンドフスキ―選手のキャリアは??

shale

※たまたまバイエルンミュンヘンショップに行ったら、本物のシャーレに触れるイベントがあって撮ってきました。本物です。

レヴァンドフスキ―選手は、2006年にポーランドの3部リーグでデビュー。

そのとき15ゴールを決めて得点王を獲得し、チームも2部へ昇格する。

そして、2部リーグでも21ゴールを決めてチームが1部リーグへ昇格する。

それから、2010年にはドイツのドルトムントへ移籍し、香川選手とも一緒にプレーしました。

高身長で、かつ、スピードもあり、そして、当たりに強い選手で、2016年のブンデスリーガの開幕戦のブレーメン戦でいきなりハットトリックを決めるなど、ゴールを量産しだすと止められない怖さがあります。

ちなみに、得点王は過去ブンデスリーガで2回獲っています。

2013-2014シーズン 20得点

このときは日本代表香川真司選手と一緒にバイエルン・ミュンヘンのライバルのドルトムントでプレーしていました。

2015-2016シーズン 30得点

この数字は何気なくすごいなって思いますが、実はとってもすごいんです。

なんと、この30という数字は、1976年シーズンのディーター・ミュラーの30ゴール以来の大台の数字です。

実にブンデスリーガでは40年ぶりの快挙ってことになります。

レヴァンドフスキー選手、すごすぎですよね。

レヴァンドフスキ―選手を実際に見てきました!!

bus

管理人は実際にバイエルンミュンヘンの強さを生で見たくて、ドイツ南部の地域からはるばるベルリンのオリンピアスタジアムへ行ってみてきました。

その前にバイエルンミュンヘンの選手一団が乗るバスも拝見。

残念ながら、このホテル前ではレヴァンドフスキ―選手を見ることが出来ませんでした。

lewandowski

これは管理人自らカメラを手に取り、この瞬間をカメラにおさめることができました!フンメルス選手のゴールでした。

右上にいるのがレヴァンドフスキ―選手です。生で見ると、とっても速い速い!!

lewandowski

誰かに倒されたレヴァンドフスキ―選手。

少し顔を押さえていました。

痛そうですががんばってほしいですね。

ちなみにこの試合は10月1日(日)のヘルタベルリン対バイエルンミュンヘンで、レヴァンドフスキ―選手も1点決めていました。

さすがです。

最後ですが、こんなケーキを実際に家で作ってみました。

バイエルン・ミュンヘンもレヴァンドフスキ―選手も頑張ってください。

cake

日本代表対ポーランドの試合、いい試合になるといいですね。

両方応援したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。