【人生の楽園】岐阜・揖斐川町の茶の実オイルがすごい

この記事は2分で読めます

12月2日の人生の楽園は岐阜県揖斐川町が舞台で、主人公は茶畑を営む山田泰珠さんです。岐阜県と言えばお茶の産地として有名ですよね。そんな素敵なお茶が紹介されます。


スポンサーリンク




岐阜県揖斐川町と言えばお茶の産地

岐阜県揖斐川町といえばお茶の産地として知られていて、特に旧春日村上々流地区は「岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑」とまで呼ばれています。

海抜300メートル以上の高地のため寒暖の差が激しく霧が濃い地域であるため、「上ヶ流茶」の生産地として知られています。

この上ヶ流地区で栽培されるお茶は、地元の農家さんが無農薬・有機栽培で手摘みするお茶として、代々続いてきました。

茶畑で茶摘み体験ができる場所もあるようで、壮大な景色とともにお茶摘み体験ができるなんて素敵ですよね。

人生の楽園・今回の主役は山田泰珠さん

yamadasan

山田泰珠(たいじゅ)さん(61歳)は、名古屋市出身で東京で働いていましたが、リストラで名古屋の実家に戻ることになりました。

それから実家で人生をリセットすべく、ご両親の故郷である岐阜県揖斐川町を訪ね、岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑と呼ばれる春日上ヶ流地区のお茶栽培農家の方と知り合い、茶の実の仕事のスタートをきります。

この春日上々流地区は江戸時代からお茶が盛んだったところ、徐々に茶農家が減少して、手入れがなされなくなった茶畑に雑草が生え放題となっていましたが、放棄地の茶の実がオイルとなり、放棄地問題も解消できればと、山田さんは取り組んでおられます。

スポンサーリンク

岐阜のマチュピチュはどこにある??

keshiki

岐阜のマチュピチュはとても絶景ですが、人生の楽園の放送後は混雑するかもしれませんね。

春日上ヶ流の天空の遊歩道
〒503-2502 岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合

◆車の場合
  国道417号線 下岡島交差点を春日方面へ(県道32号線)
  下岡島交差点から約6.5km地点「樫大橋」を渡り右折約3km
  ※冬期は、冬用タイヤが必須となります。

◆公共交通機関の場合
  JR大垣駅より養老鉄道養老線 揖斐駅行きに乗車(約25分)
  →養老鉄道揖斐駅発【春日線】宮ノ下バス停下車 (約20分)  
  →バス停から駐車場まで約2km 徒歩1時間  

いずれにせよ、近隣の方以外はたどりつくまでけっこう時間がかかりそうです。
お気をつけてください。

茶の実ってどんなもの??

茶の実っていうのは、ツバキ科の常緑樹「チャノキ」が夏から秋にかけて直径2~3cmくらいの緑の殻に覆われた実のことで、その実からは茶の実オイルという光輝くオイルが搾り出されることで有名です。

茶の実は収穫後に殻が付いたまま天日干しされ、粉砕機で砕かれた後は機械で油が搾られます。

その油は程よい苦みがあって、ドレッシングにも使われるほどです。

ちなみにその茶の実オイルはビタミンEも豊富で、抗酸化作用もありアンチエイジングにも効果が期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。