祝!タイトル獲得した菅野智之の契約更改と年俸予想2018!

この記事は2分で読めます

プロ野球もいよいよポストシーズンへと突入し、Aクラスのチームのファンは日本一へ向けて、応援も熱を帯びてくる時期ですが、巨人はクライマックスシリーズ出場権を逃し、早くも契約更改、来シーズンに向けて動き始めています!

そんな中で、巨人の村田選手が自由契約などビッグニュースが飛び込んできていますが、今回は最多勝などのタイトルを獲得した菅野選手に注目したいと思います。

菅野智之選手の紹介

sugannotomoyuki

1989年生まれで、神奈川県出身。東海大相模高校時代には甲子園出場経験はありませんでした。

その後、東海大学へ進学し、浪人を経て2012年ドラフトにて巨人に入団しています。

また、前監督である原辰徳氏を伯父に持つことでも有名で、ちょくちょく話題になりますよね!

浪人中は試合に出場できないので、実戦感覚が心配されましたが、初年度から2ケタ勝利を挙げるなど期待に応える活躍を果たしています。

初のタイトル・最多勝!

今年、最優秀防御率と最多勝の2冠に輝いた菅野選手。

最優秀防御率は2年連続3度目となり安定した投球を物語っていますが、最多勝のタイトルは意外かもしれませんが菅野智之選手自身初のタイトル獲得となりました!

菅野選手自身、ルーキーイヤーに13勝を挙げたものの、12勝、10勝、9勝と勝ち星が下降気味であっただけに個人的には一番欲しかったタイトルかもしれませんね!

沢村賞の獲得!!

日本のサイヤング賞ともいえる、沢村賞。ダルビッシュ投手や金子投手など名だたる投手が獲得してきた栄誉ある賞でもあります。

しかし、7項目ほどの基準があり、それらを満たしていて初めて獲得できるのが沢村賞。

なので、獲得者なしということがある賞であることはあまり知られていません。

今年の菅野選手で言えば7項目中200イニング以上の登板だけ到達していませんが、他の項目は全て達成しています。

それでも、昨年は4項目しかクリアしていない広島ジョンソン投手が沢村賞を獲得しています。

そして先日、菅野投手、満場一致で見事に獲得いたしました!!

おめでとうございます!!

スポンサーリンク

契約更改・年俸予想2018

菅野選手が移籍するなら、国内ではなくメジャーだと思います。

しかし、ポスティング制度を使用しなければ、海外FA権を獲得するのは31歳の時ですので、微妙ですね・・・さて、年俸ですが間違いなくアップでしょう!

今季、FAで加入した山口俊投手より年俸が低いと不満を漏らしていたこともあるそうですし、過去に9勝しかできなかったシーズンでさえ年俸アップしていますので、2億3000万円から2億5000~7000万円までのアップは固いところではないでしょうか?

まとめ

大粛清が行われるであろう巨人のオフシーズンに注目して見ていきましょう!

>>>広島カープ躍進の原動力!今季ブレイクの薮田和樹、契約更改・年俸予想2018

>>>神ってる男は今年も健在か?鈴木誠也の契約更改・年俸予想2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。