スリ対策グッズ紹介!防御率No.1ポーチ!!これさえあればスられない!!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

海外旅行って楽しいけど、スリは・・・??

これから年末年始に海外旅行を計画されている皆様、海外にはいろんな国があって、いろんな人たちに出会え、忘れられない思い出ができるので本当に楽しいですよね。

何ヶ月も前から計画を立て、フライトの予約やホテルの予約、そして現地ツアーの予約、おいしいレストランのチェック、テレビで見たことのある歴史的な観光スポットへの行き方を調べるのって本当に幸せですよね。

そして、旅行当日、飛行機が現地に着き、「さあ、いっぱい遊ぶぞ!!」と気分も高揚して、日本とまったく違う外国の文化に触れ、フレンドリーな外国人とあいさつを交わすなど、まさに最高の気分のときにあることに気づきます。

「あれっ!?な、ない!!財布もパスポートも何もない!!」

スポンサーリンク


気づいたときはもう遅いです。

気分が浮かれている間に盗まれたのです。信じられないかもしれませんが、こういったことはよくあるそうです。

特に日本人は狙われています。お金も持っていて、さらに安全な国で生活しているので、警戒心がとても弱いのです。

スリ集団からすれば、こんなに狙いやすい獲物はいないとのことです。

財布とパスポートを盗まれると本当にしなければならないこと

これからお話することは私の友人から聞いた実話です。

財布やパスポートを盗まれると、例えば1週間の旅行だと完全にすべてがおもしろくなくなります

お金も友達に借りなければならなく、好きなものも気兼ねなく食べられませんし、おみやげも買うこともできません。

一人旅だと、もはや何もできません・・・・。

特にパスポートを盗まれると非常に厄介で、大使館に行って再発行の手続きをしなければならなくなります。

まず、慣れない土地で、大使館の場所を確認し、そこへ無事にたどり着かなければなりません。友達と一緒なら友達にも迷惑をかけるし、一人旅だと不安ですよね。

そして、パスポートの再発行手続きですが、もちろんタダではありません。それには再発行手数料を支払わなければなりませんし、証明写真を撮らなければならないですし、国籍と氏名を証明するために戸籍謄本も用意しなければならなく、とても時間と手間を要します。

もし、帰りのフライトまでに再発行が間に合わなかったら、フライトはキャンセルせざるを得なく、片道切符をとるのに数万円~数十万円さらに支払うことになります。さらに、フライトがその日になければホテル代もさらにかかります。

友達と一緒だと、友達にもついてきて来てもらわなくてはならなくなり、旅程がすべて狂います。友達との関係もギクシャクします。一人旅だったら・・・、想像するだけでおそろしいですよね。

そして、クレジットカードが盗まれたら、差し止めの手続きのために国際電話を使って高額な電話料金を支払わなければならなくなります。めっちゃめんどくさそうですね~。

ちなみにこの友人はパスポートと財布の入れるところをもっと考えておけばよかったと、すごく後悔していました。

今までの話は本当に誰にでも起こりうる話で、「自分は大丈夫だよ~」って思っている人が一番危ないんじゃないかなと思います。

でも、財布やパスポートに気をつかってばかりの旅行もつまらないですよね。

そこで、旅行を存分に楽しんで、かつ、スリの危険から身を守ることのできるアイテムと方法を紹介します。


DEUTER Security Holsterドイター セキュリティーホルスター ブラック

このアイテムを正しく使えば、よっぽどのことがない限り、スラれることはありません。

パスポートははっきり言って、飛行機を乗るときまで、ほとんど使うことはないのですから、コピーを一部(ホテルでのチェックイン用)カバンに入れて、パスポートはこの入れ物の中に入れて、衣服の中に着用しておくと安全です。

搭乗手続きの時だけ取り出す手間はありますが、盗まれた時の手間と比べたら楽勝ですよね。

個人的にはクレジットカードもこのポーチに入れといて、取り出すときだけ、周りに注意しながら取り出せば、スラれるリスクはかなり低くなると思います。

私自身が海外旅行に行くときはこのようにしています。財布の中身は、現金数千円程度入っているにすぎません。

ちなみに、「財布を持って歩かない」というのも有効な手段だと思います。

財布を使うことなく、現金数千円程度のお金を直接ズボンのポケットに入れ、残りの貴重品は衣服の中のこの入れ物に入れておけば、スリたちに財布のふくらみを察知される心配がないので、盗まれるリスクが減ります。

あと、カバンに財布を入れる人がいますが、これは完全にアウトです。レストランなどでカバンごと盗まれたり、路上でひったくられたりすると、どんなスリ対策用財布でも意味がありません。

カバンには貴重品を入れない方が無難です。

先ほどもお話しましたが、

「取り出す時のめんどくささは、パスポートと財布を盗まれたときのめんどくささと比較にならないほど、ラクです。」


【メール便送料無料】Deuter(ドイター) セキュリティーワレット2 D3942116-mail(ho0a117)【メール便限定】【代金引換不可】【同梱不可】【マラソン201405_送料無料】【RCP】

そして、当たり前のことですが、この入れ物は必ず衣服の中に着用することが必要です。この入れ物ごとリュックに入れていると、カバンごと盗まれたら「アウト」です。

これがあるだけで、本当にスリのリスクが激減します。ていうか、スラれる状況がまったく想像できません(笑)。

今日これを見て下さった方にとって、今計画されている旅行が思い出に残る楽しい海外旅行になればと思い、ご紹介させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。