山口鉄也(巨人)の嫁はあの人の元カノ!離婚説は本当!?

この記事は3分で読めます

巨人の山口鉄也投手の嫁がキレイだと話題になっています。しかし、嫁がどんな人なのかさえ謎なのに、離婚なんて想像できませんよね。
今日は山口鉄也投手の嫁と離婚説についてもお話しします。


スポンサーリンク




山口鉄也投手ってどんな投手??

みなさんは、背番号で育成選手を見分けられるということをご存知でしょうか?それぞれのチームごとではなく、日本野球機構(NPB)が正式に決めていて、育成選手は「3ケタ」の数字とすると定められていますので、練習を覗きに行った際にぜひ探してみてください!

そんな山口鉄也投手はまず巨人と育成契約で入団し、それから成績を残し、徐々に今のポジションにまで這い上がってきたのです。

年収数百万円から、年収3億2000万円にまで上り詰めたとてつもない選手です。

育成選手として入団した山口鉄也投手は「102」からスタートすることになりました。当然、背番号に対して口出しできる立場ではないので、山口鉄也投手が自分で選んだものではないかも知れませんが、愛着はあったのではないでしょうか?

山口鉄也投手の背番号47へのこだわり!

2007年には支配下登録され、背番号は2けたの「99」となりました。翌シーズンからは、47になり現在に至っています。なぜ、47という数字を選んだのか?それは、過去に使用していた選手に理由はあるようです。

背番号47を一躍有名にしたのが、現ソフトバンクの監督である工藤公康さんです。

kudoukanntoku

その後、杉内選手に受け継がれるなど「左腕のエース=背番号47」というのが定着しました!なので、山口鉄也選手も憧れていたのかもしれません。

山口鉄也投手の工藤公康さんへの恩

工藤公康さんが巨人に在籍していた期間は2000年~2006年までの7シーズンで、山口鉄也選手が育成として入団したのが、2005年オフだったので共に巨人で過ごした時間は1年ほどでした。

それでも、2006年オフに山口投手は工藤さんにアリゾナでの自主トレに誘われます。当時、お金がなかった山口鉄也選手の費用をすべて工藤さんが負担するという太っ腹ぶりでした!

そして、何から何まで指導を受けた山口鉄也投手は2007年シーズンに目覚ましい活躍を果たしたのは皆さんもご存知の通りでしょう!

そして、2008年にはついに憧れの工藤さんが背負ってた背番号47を背負うことが決まったのです!

のちに、山口鉄也投手も柴田投手をグアムの自主トレに誘っており、奇しくも柴田投手も工藤さんと同じ愛工大名電高校出身だったという運命的なものも感じずにいられません!

山口鉄也投手の嫁はあの有吉の元カノ??

aokiaki

そんな山口鉄也投手ですが、実はもう既婚者です。

嫁さんの名前は青木亜希さんという方です。

青木亜希さんは女性ファッション誌のモデルでしたが、2010年にモデルをやめ、OLに転職しました。

理由についてはよくわかりませんが、一般的なお仕事につき、知人の紹介で亜希さんと山口鉄也投手はお付き合いを始めたそうです。

山口鉄也投手も最初はあの有吉さんの元カノだということも知っていたのかどうかはわかりませんが、

「今の嫁と交際するのはちょっと気まずかったかな(笑)。」

という風に話していました。

山口鉄也投手的には結婚してからピッチングが安定し始めたそうです。

しかし、ファン的にはいつもと変わらず安定感抜群のようにも見えなくはないですよね。

結婚したのは2011年で、お子様もいます。

そんな山口鉄也投手に離婚説が・・・

「山口鉄也」と検索キーワードを入れると、

「山口鉄也 離婚」

というキーワードが出てきます。

「まさか、もう離婚!?早すぎる!!」

なんて考えた人も多いんじゃないでしょうか??

でもこれは、トキオの山口達也さんのことのようで、誰かが打ち間違えたのがそのまま残っているためです。

なので、離婚はしていません。

最近離婚した巨人の選手はおそらく澤村投手だけではないでしょうか。

澤村拓一のスピード離婚と森麻季の再婚!!はこちら

スポンサーリンク

まとめ

ただ、左腕のエースがつける背番号だからという理由だけではなく、このような裏話があると、ただの背番号だと気軽にいえなくなります。

これは他の選手にも言えることで、何かしらの思いをもってその背番号を背負っているわけですから、背番号に注目して見てみてください。

関連記事はこちら

山口鉄也(巨人)の年俸推移!育成からの上がり方がエグい!!
山口鉄也(巨人)は限界??不調の原因はもしかして??


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。