坂本勇人のメジャー移籍はある??移籍ならいつごろ??

この記事は2分で読めます

読売ジャイアンツの坂本勇人選手。あれだけの成績を残しているので、メジャー移籍があっても全然不思議ではありません。もし移籍ならいつころになるんでしょうか??

坂本勇人選手の活躍

2016年坂本勇人選手はセ・リーグ初となるショートストップとしての首位打者獲得(打率.344)を実現しました。


スポンサーリンク




ほかのセ・リーグを代表するショートとしては、阪神の鳥谷敬選手、ヤクルトの川端慎吾選手などの巧打者がいますが、あまり長打のイメージがありませんが、坂本勇人選手の場合は長打を兼ね備えているところがすごいですよね。

さらには守備力も評価が高く、おそらく現在は12球団でトップのショートストップと言えると思います。

ちなみに通算本塁打は150本をすでに超えています。この調子でいくと生涯300本は夢ではないと個人的に思います。

そんな坂本勇人選手ですが、メジャー移籍はあるんでしょうか?

スポンサーリンク

坂本勇人選手のメジャー移籍はあるとしたらいつごろ??

坂本勇人選手のメジャー移籍ですが、あるとすれば、

2018年のシーズン終了後

となると思います。

昨年のシーズン中に海外FA権を取得していますが、現在、坂本勇人選手は2015年からの3年契約中なので、メジャー移籍があるとしても2018年となります。

しかし、国内で一番の人気球団のジャイアンツでキャプテンを務めるほどの選手が、今後活躍し続けた場合、メジャー移籍をするかどうかは微妙な感じがしますが、坂本勇人選手の「攻める守備」を見るとメジャー移籍もまんざらではないんじゃないかと思います。

そのときの坂本勇人選手の年齢は30歳なので、メジャー挑戦するとすればとてもいい時期ではないかと思います。

坂本勇人選手はメジャーで通用するか??

坂本勇人選手はメジャーで通用するかどうかは、過去の名選手たちを見ていると、簡単には成功するとはいえません。(もちろん何をもって通用するというかの言葉のとらえ方にもよりますが)

日本人メジャーリーガーはご存知のとおり、投手は成功例がとても多く、そして外野手ではイチロー、松井秀喜、青木宣親などいますが、内野手となると現在のところ成功したと言える例は非常に少ないと言えます。

西岡剛選手、松井稼頭央選手らほどの名選手でも途中で日本に帰ってきているので、もし坂本勇人選手がメジャー挑戦するのであれば、ぜひ成功してもらいたいですね。

結論ですが、坂本選手がメジャー移籍してレギュラー獲って年間通じて安定した成績を残す可能性は決して高くはないかもしれませんが、メジャー移籍するとすればその壁を越えてほしいですよね。

【関連記事】坂本勇人選手のネックレスも「コラントッテ」か??
【関連記事】菊池涼介のメジャー移籍はいつごろ??
【関連記事】菊池涼介のネックレスもコラントッテか??
おすすめ記事→イチロー選手から学ぶ!「超回復の身体を作る方法!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。