FA権とは??これを見ればプロ野球がもっとおもしろくなるかも!?

この記事は3分で読めます

FA権って何のこと??

よくプロ野球のシーズン後に「FA権の行使」っていう言葉を聞くと思います。

これは、簡単に言うと、プロ野球選手がどの球団とも選手契約の交渉・締結できる権利のことです。

もちろん、この「FA権」は一定の条件を満たした選手しか取得することはできません。

どうすればFA権を取得できるの?

まずFA権には2種類あります。

「国内FA権」(国内のどの球団とも選手契約について交渉、締結できる権利)

「海外FA権」(国内外のどの球団とも選手契約について交渉、締結できる権利)

です。

それぞれ取得するための条件は以下のとおりです。

「1軍出場選手登録日数が145日を満たすシーズン」×「8シーズン(2007年以降のドラフトで入団した高校生選手)」→国内FA権取得

「1軍出場選手登録日数が145日を満たすシーズン」×「7シーズン(2007年以降のドラフトで入団した大学生・社会人選手)」→国内FA権取得

「1軍出場選手登録日数が145日を満たすシーズン」×「9シーズン」→海外FA権取得

となります。

日数に関しては、145日に満たないシーズンがあった場合、それらを合算して145日に達していれば「1シーズン」としてカウントします。

例:去年の1軍登録日数100日+今年の1軍登録日数45日 →1シーズンとしてカウント

また、国内FA権を行使した選手でも、以下の条件で海外FA権を取得することができます。

国内FA権行使後に、「1軍出場登録日数145日を満たすシーズン」×「4シーズン」

ちょっと複雑かもしれませんが、取得についてはこんな感じです。

FA権はいつ行使できるの??

FA権行使については、FA権を持った選手が、日本シリーズ終了の翌日から土日・祝日を除いた7業務日以内に所属球団にFA権行使を宣言し、コミッショナーに申請します。

その後、コミッショナーがFA宣言した選手を公示して、公示日の翌日から各球団と交渉することができます。

ちなみに、球団によっては、広島カープのようにFA宣言後に残留を認めない方針の球団もあります。そういった球団の場合は、FA宣言そのものが所属球団への決別となります。

なので、そういった球団に所属している選手がFA宣言をした後、手を挙げる球団がない場合は、所属球団を失う可能性も出てきます。

例を挙げると、2015年シーズン後、当時広島カープに所属していた木村昇吾内野手がFA宣言をするも、その後手を挙げる球団がなかったため、一時的に所属球団がなくなるということがありました(その後テスト入団という形で西武に入団)。

FA権行使も慎重さを要しますよね。

FA権を取得した選手の「ランク」って何??

FA権を取得した選手に「Aランク」、「Bランク」、「Cランク」ってよく聞くけど、これは何だろうって思ったことありませんか?

これは、チーム内での年俸ランクになります。

「Aランク」はチーム内での年俸ランクが1位から3位の選手

「Bランク」はチーム内での年俸ランクが4位から10位の選手

「Cランク」はチーム内での年俸ランクが11位以下の選手

そして、もし「Aランク」、「Bランク」のFA宣言選手が移籍する場合、移籍元球団は、

「人的補償」

「金銭補償」

のいずれかを移籍先球団へ求めることができます。

※「Cランク」の選手の場合はいずれも発生しません。

しかし、この「人的補償」、「金銭補償」を求める場合にもいくつか条件があります。

人的補償とは??

「Aランク」、「Bランク」の選手がFA宣言で移籍した場合、移籍元の球団は、

「移籍先の球団がプロテクトした28選手、外国人選手、新人選手以外の選手」

を獲得することができます。

さらに、人的補償を求める場合でも以下の割合で金銭補償も求めることができます。

「Aランク」の選手の場合→その年俸の50パーセント

「Bランク」の選手の場合→その年俸の40パーセント

です。

例を挙げると、2013年オフに広島カープから大竹投手がFA宣言で巨人へ移籍した際、広島カープは、当時、巨人からプロテクトされていなかった一岡投手を獲得しました。

しかし、皮肉にもその翌年、一岡投手が広島カープで大活躍し、FA宣言の良し悪しも話題となりました。

FAでAランク、Bランクの選手で補強するとなると、若手の有望株が他球団へ取られる可能性が出てくるので、球団側としても慎重になりますよね。

そのあたりの駆け引きも見ているとおもしろいですよね。

金銭補償とは??

金銭補償とはその名のとおり、移籍元球団が移籍先球団に対し、金銭による補償を求める制度です。

その割合は、

「Aランクの選手の場合」→80パーセント
「Bランクの選手の場合」→60パーセント

となっています。

FA選手はたくさん獲ってもいいの??

獲得できるFA宣言選手の人数ですが、

「Aランク」、「Bランク」の場合 → 2名まで

「Cランク」の場合 → 何人でもよい。

です。

しかし、FA宣言した選手がプロ野球全体で多数に及んだ場合、その人数に応じてAランク、Bランクの選手の獲得可能人数が増えるそうです。

まとめ

FA権取得はシーズン中でもよくニュースなどで知ることができます。

弱点が顕著なチームに注目すると、どんな選手を欲しがるのかがわかるときがあります。

そんなとき、どの選手がFA権を取得したかなどをチェックすると、移籍するかどうかも含めて、いろいろ予想するのも楽しいかもしれませんね。

これを読んでいただいて少しFA権についての理解が深まった方がいらっしゃいましたらとても嬉しく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。